#ディズニー #雑感

【備忘録】東京ディズニーランドのチケットを購入しようとしたら3Dセキュア認証に引っかかった

2023年4月29日 

先日、コロナの影響でまさかの長期休園等を乗り越えてから"初"の東京ディズニーリゾートチケットをオンラインで購入しました。親の代から事前に購入するという習慣がなく、いつも当日にチケットブースで紙ベースのパスポートを購入していたのではじめてのおつかい状態です。

私がこどもの頃は「BIG10」というアトラクション用のチケットが存在したので入園料とは別々になっておりましたが、後に統一されたため幻のビッグ10は消滅しました。それからのパスポートはキャストによる確認だったのが磁気になったりバーコードになったりQRコードになったりテクノロジーの変遷とともにチケットの様式も変化してきたわけですが、まさか紙自体がなくなり電子チケットになるとは。思い出として取っておくのも醍醐味のひとつだったので、ギリ昭和世代(←ギリなのです!!)としてはちょっと寂しかったりもします。

日々のネットニュースなどでわかってはいたのですが、とにかくチケット代の高騰が止まらない。東京ディズニーランド自体がバブル経済期にオープンしたので、当時の家計をどの程度圧迫するレベルの娯楽費だったかは今の価値観では想像できませんが、もともと「ファミリー・エンターテイメント」を前面に打ち出していたウォルトディズニーの理念にがっつり反するのではないかと思うレベルで高い。

時間帯による変動は以前からありましたが、コロナ禍での休園を経てからは日付での変動価格制が基本になったため土日祝日や繁忙期の最高価格は2023年5月現在で大人9,400円です。仮に4人家族で行ったとして、大人2名+中人1名(7,800円)+小人1名(5,600円)で合計32,200円。もし話題の新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」に昔のファストパスのように優先的に乗るとするならばおひとり様につき1回2,000円のディズニー・プレミアアクセスが必要なので、更に上乗せ。こどもがいれば食事や間食にお土産代などもバカにならないはずなので、更に更に上乗せ。もはや国内日帰りや海外旅行の方がリーズナブルなのでは??と、がっつりディズニーヲタの道を通ってきた私ですら思いますが、コロナ禍での収益減に加えて物価も高騰していますし仕方ないといえば仕方ない。

愚痴はこれくらいにいたしまして、文句を言いつつもやっぱりたまには行きたいと思ってしまうのが40年も日本の遊園地を駆逐&牽引してきた東京ディズニーランド。今ではユニバーサルスタジオジャパンもかなり(の方が)勢いがありますね。ハリポタの時は正直そんなに惹かれなかったのですが、マリオは行きたいです。

はじめてのオンライン購入

というわけで、今ではネットで購入するのが当たり前のディズニーチケットを購入することにしました。購入時に必要なディズニーアカウントはWindows95の時代に作成した(はず)くらいの古参なので、そこはオールクリアです。思い立ったらすっからかんのブースに行って口頭でサッと買えない時代になったのだなぁというのはここで改めて実感しました。アカウントがないと購入できない=個人情報必須ということもありますから、転売目的での購入を排除するためには講じるべき策とはいえちょっと寂しい気もします。今はなんでもアカウント&パスワードの時代ですからね。

まさかの認証エラーに頭を抱える

3Dセキュア
ふぁーっ!?

オンライン決済時には「本人認証サービス(3Dセキュア)」が必要になるとのことでしたが、今まで他の決済の時にここでストップしたことがなかったので気にも留めていませんでした。だがしかし、端末を変えたり通信環境を変えたりとあの手この手で何度か試してみても最終的な決済認証を前にセキュアの時点で絶対にエラーが出てしまい、とりあえず公式のヘルプやGoogle先生に問うことにしました。

「3D認証がされていません」とメッセージが出て、購入ができません。(ID:19344)
もう一度お試しいただくか、別のクレジットカードをご利用ください。
※パークチケットをご購入の際、海外発行のクレジットカードを利用される場合は、3Dセキュア(クレジットカード本人認証サービス)の登録を行ってください。

クレジット会社側での本人認証サービスの手続きが完了していない可能性が指摘されていましたが、今までも同様の操作は何回か行ったことがあるので少々考えにくいと思いつつも、念のためクレジット会社の設定ページで確認。やはり問題なく設定されていました。会社によって同じ3Dセキュアでもサービス名称が異なるのでそこは最初に少々混乱を招きました。

・JCBカード→J/Secure™
・VISA→Visa Secure(旧名称:VISA認証サービス)
・Mastercard →Mastercard ID Check™
・AMEX→American Express SafeKey®

緊急時はカード裏の電話番号にTEL

もはや打つ手がないので裏面記載のカード発行会社にお問い合わせ。原因が分かり次第に折り返しまするということで数分後に技術担当者風の方からいただいた回答がこちら。

原因:過去の不正利用と類似していた

どうやらカード会社の方で蓄積されてきた不正利用データと類似していた環境や操作だったということで自動的にはじかれていたようで、手動でセキュリティの強化を調整してくださいました。私のカードで過去に類似した不正利用があったということではなく、他の事例でそういったことがあったようです。そのためカード会社側のセキュリティが「またか!!」と判断してしまったようですね。そのため東京ディズニーリゾート側に問題があったわけではありません

東京ディズニーランド,パスポート
券面が40周年仕様になりました☆彡
QRコードは見せられないよ!!

備忘録その2)
節目の年ということで文春に興味深い記事が載っていたのでこちらも読み読み。

2023年で40周年を迎える東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート)ですが、建設までの道のりが非常に困難なものだったというのは書籍や記事などから情報を得ていました。浦安は東京湾と隣接する漁港でしたので、そこを埋め立てて新しいテーマパークを建てるという計画についてはまず漁業組合との話し合いから難航したとかなんとか。

第5作目にあたる『男はつらいよ 望郷篇』(1970年)で当時の浦安市(東葛飾郡浦安町)の様子が映ります。穏やかな昭和の日本の漁村といった感じで、それから後にアメリカ文化を輸入した遊園地ができるとは思いもしない風情でございます。

40周年おめでとう!!

参考引用:
東京ディズニーリゾート TOP > よくあるご質問 > お支払いについて > クレジットカード > オンライン決済時の本人認証サービス(3Dセキュア) > 詳細
(https://faq.tokyodisneyresort.jp/tdr/faq_detail.html?id=19344&category=410&page=1)2023.4.29

\気になったらSHARE!!/


次の記事:はじめての父親体験で乳幼児の育児の苦労と喜びを知る未婚わい

劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影』の主題歌にスピッツ大抜擢で我大歓喜:前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからだいじょびと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 

当ブログの名義でDiscord鯖を開設しました
日常のお悩み相談から壊滅的にくだらない雑談まで
使い方は自由

招待URL→ https://t.co/mMzIByBwVf


最近のおすすめ記事

配信者のみがプレイしているGTA(グランドセフトオート)『ストグラ』ってなんだ+スペハラ対策基礎知識も

【2023年11月現在】世界最大級"Kアリーナ横浜"1回目の感想と諸注意メモなど

【神回】劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影』―灰原哀とスピッツと八丈島の美しいコラボ

最新作『龍が如く8』もいよいよ発売間近→追加キャストにヌー井口&成田凌(敬称略)により興奮中

コマンドプロンプトの世界で読む物語―この違和感を体感してほしい@ChatGPT

【バキ童神回】自称スピッツ上級者をも悩ませるコミックLOとスピッツの歌詞の見分け方講座

【備忘録】東京ディズニーランドのチケットを購入しようとしたら3Dセキュア認証に引っかかった

記事一覧はコチラ

読まれている記事


スマホ&パソコンの出張相談
MusRattus

https://musrattus.com/

都内を対象に出張相談中!!
とのことです

\ スマホはこちらから /