#新型コロナウイルス感染症

[2回目]モデルナ製コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)接種完了

2021年10月14日  2021年10月6日 

先日『米モデルナ社製』のワクチン接種(2回目)に行ってまいりました。1回目の副反応等については前回まとめた通りですが、2回目の副反応は確実にそれを上回るという確信しかなかったので注射そのものも苦手ですがとにかく副反応の発現の仕方がどうなるかわからなかったので正直恐くて仕方なかったです。そのため大量の清涼飲料水やゼリー飲料、アイス、クッキーなど発熱しても自分が食べられそうなものを買い込みフル装備で当日に挑みました。

1)決断する&予約する

2)当日までに予診票を記入する

3)接種会場に行く

ここまでは1回目とほぼ同じなので割愛
→詳細はこちら

4)本人確認&接種する

やはり私の母親(高齢者)が接種を始めた頃と比べると16歳未満の被接種者が増えた印象を受けました。そのため保護者の方が確認やらなんやらをしないといけないので、どうしてもオペレーションが増えがちになり後ろがつかえてスタッフさんからも早くさばきたい感をビシバシに感じてしまう。なので今はまだ多くないのかもしれませんが、保護者同伴で接種が必要な年齢の被接種者をこれから増やすのであれば接種会場もうまいこと分けた??方が良いのかもしれないですね。私が風疹のワクチンを受けに行ったのは小学校6年生の頃でしたが、近所の小児科にひとりで受けに行けました。さすがにコロナワクチンとなると接種直後の体調不良や副反応もどういったかたちで出るか個人差がありますし、親御さんとしても心配なはずです。今後ワクチン接種が有効なのであれば、これからはこどもたちも安心して接種できる環境に整えていくことも課題なのかもしれないなと感じた一幕でした。

もうひとつは予診票を事前に書いてくるひとが少なかったこと。そこはたまたま広い会場だったので記入台もあり問題はなさそうでしたが、もはや接種する側が待機している状態になっていました。どうやら他の接種会場だと2回目の分の予診票(複写式)をもらえるらしいのですが、そこの接種会場ではウェブでダウンロードしたPDFを自身で印刷して書いてきてくださいという案内しかなかったので控えも出ずちょっと不安には思いましたが副反応が出てからはどうでもよくなりました。特に持病がある方などはおくすり手帳を確認されたり1回目接種後に主治医に相談したかなどの経緯を聞かれることもあるので、準備しておくに越したことはないです。健康体でチェックや署名だけで済む方はすぐ書き終わるので簡単です。

さて1回目の接種の時はおそらく私より若い女性が担当でしたが、今回は歴戦の猛者といった風格のおばさま。

はい(予診票を確認している間に)腕出しといてくださーい。

はい。(どきどき)

アルコールかぶれないですかー。

はい、大丈夫です。(どきどき)

はーい、チクッとしまーす。

(きた!どーきどきどきどき!!!)

(チクッ)はい、揉まないでくださーい。

ありがとうございました…(えっ!おわり!?)

猛者の風格がすごすぎて最初はちょっと恐かったのですが、注射針の挿入と注射薬の注入がほぼ同時だったのではないかと見まごう超早技。表現は悪いですが接種担当ガチャSSRを見事引き当てました。前回はとても優しい若い女性の方だったのですが、痛みが針の挿入と薬の注入と2段階あってそれなりに痛かったために迷走神経反射的なもの??で持病のパニック発作も抑え込めなくなってしまったのかもしれません。今回は2回目ということもあって私も勝手がわかっていたので接種後の強い不安はありませんでした。やはり採血や注射に於いてのベテランおばさまの安心感と確実性はいつの時代も群を抜いております。ただ、数日後まで刺した痕が痣のように残ったのは今回で前回は接種直後からどこに針を刺したのかすらわかりませんでした。この相関については素人には謎です。

5)待機する

前回は先に記した通り待機中にパニック発作が出てしまったのですが、今回は注射自体が痛くなかったことと2回目である程度慣れていたということもあってか発作までは至りませんでした。それでも事前に抗不安薬は服用していたので、接種後にいきなり効いてきたかのようなふわーんとした緊張感の途切れはありました。事前に前回発作を起こしたことを伝えましたがワクチンとは無関係ということでか待機時間は15分。

6)帰宅する

これも特に問題なく無事帰宅。移動中の腕の痛みもありませんでした。やはり1回目は何もかもが初めてということで、どうしても精神的なことも影響して体調が不安定になりやすかったようです。

接種後の体調

当日(1日目

接種から約4時間後、だんだん左腕が痛くなる、怠くなる。早くも肩より上に上げられなくなりました。接種時あまりにも痛みが少なかったので「本当に薬剤入ってるのかな」などと思ってしまいましたが、ちゃんと入ってました。翌日に備えて市販の解熱鎮痛剤を服用し早めに就寝。

翌日(2日目

腕の痛みと悪寒と関節痛でトイレに行ったり水を飲んだりしようにも布団から動けない。頑張って這い出て解熱鎮痛剤を飲み「これは絶対に高熱だ!!」と確信して熱を測るも36.6℃なので疑問符。ただ左側の腕の痛みから左肩の痛みと左側頭部の痛みと左目の奥の痛みと連動してきて非常に気持ち悪いので、まだ初秋なのにコタツで震えておりました。数時間後、再度熱を測ると37.2℃。薬を飲んだはずなのになぜか熱が上がっているので恐怖でした。

接種前は「YouTubeやNetflixでも観てゆっくりしよー」などとほざいていたのに、とてもそんな余裕はありません。食欲はありませんでしたが水分は絶対必要なので冷やしておいたサントリーのはちみつレモンを飲んだら少し楽になりました。悪寒が酷かったので真冬用のボアパーカーを着てブランケットで全身ぐるぐる巻きにするも昼間は汗でびっしょり。でも寒い。

助かったモノ

・サントリーはちみつレモン
・キリン 世界のKitchenから ソルティライチ
・大塚製薬 Otsuka カロリーメイト ゼリー
・森永製菓 inゼリー
・サントリー GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶
・ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)ミニカップ
・明治 エッセル スーパーカップ
・ステラおばさんのクッキー

夕方になっても悪寒は止まらず熱を測り続けるも37.4℃と下がりません。1回目の接種は4週間前なので体感としては少し忘れてきてはいましたが、副反応は確実に「2回目の方がきつい」。左腕と頭を中心に全身に痛みがあり、吐き気に繋がるので食欲もわきません。この時点でかなりふらふら。冷えピタ系よりは濡らしたハンドタオルを頭や顔や腕に当てていると少し楽になりました。

22時頃の熱は自分で確認できたなかでは最高の38.2℃を記録。汗でぐっしゃりなのに腕が痛すぎて着替えるのもひと苦労。前回は「×にたい」でしたが今回は「×ロシテ…」状態です。

もはや記録更新することに快楽を感じる始末

翌々日(3日目

悪寒で早朝覚醒したため薬を服用しますが、食べていない日々が続いていたので若干の胃痛が発生し弱り目に祟り目。まだ37.8℃と発熱中。それでも次第に空腹感と食欲を取り戻し昼には熱が35.0℃台にまで下がりました。頭痛と左側の顔面の痛みがありましたが、慣れ過ぎたのか腕の痛みはもはやオプションレベルに。

夜は発熱がないのに用心だと思って暖を取り過ぎたために軽い熱中症になりました。秋は毎日気温の変化が激しいので注意です。8年ぶりの満月だと話題になっていた中秋の名月の時期だというのに最高気温が30度くらいあったようで衰弱した身体には厳しすぎる真夏日。

4日目

普通に暑いのと空腹で起床。食欲は戻り熱も36.0℃台で安定するようになりました。就寝中に「まだ副反応の追撃があったらどうしよう」なぜか不安が増してパニック発作が出ました。精神的にもかなり張り詰めていたんでしょうね。

5日目以降

やっと腕の腫れや痛みが残るくらいにまで回復。今回は早めに食欲が出てきてくれたおかげで体力も徐々に戻りましたが、腕に関しては今回は痒い。かと言ってガッツリかきむしるのもちょっと怖いので手のひらで撫でていましたが、もう無意識に普通にかいてました。数日高熱を出していたため頭はまだズキズキしていました。

1週間後

腕の状態もそんなに気にならなくなりました。食欲が早めに戻ってきたおかげか1回目と比べると全身の倦怠感も割とすぐに軽くなってくれてひとまず安堵です。

2回目の接種で学んだこと

特に2回目の場合は副反応が強く出る可能性が非常に高いので、生理痛などが毎回つらい方は生理周期とうまいこと調節して予約を取った方が良いかもしれません。難しいようだったら今なら婦人科で保険適用のピルも処方してもらえるので相談するのもありだと思います。私はもともと子宮内膜症(チョコレート嚢胞)で低用量ピルを常用しているのでそこの不安はあまりなかったのですが、休薬期間(一般的な生理と似たような期間)と副反応による体調不良が重なると倦怠感がダブルで到来したのでちょっとだけ後悔しました。

副反応のピークは2~3日で収まりますが、その間の発熱や食欲不振などで体力が落ちています。腕の痛みはもうしばらく続くのでそのためすぐに本調子にはならず、だいたい1週間から2週間くらいはずるずると副反応の体調不良に悩まされる場合もあります。個人的には腕の痛みに関しては1回目の方が慣れていないこともあってか強かったように感じています。2回目の副反応は発熱や悪寒や関節痛などインフルエンザのような症状が強く出るので、腕ももちろん腫れて痛いのですが他の症状に振り回されて気にしていられませんでした。そのため他の症状が落ち着いた頃には腕の違和感も消失してきているというパターンだったように思います。もちろんすぐに回復するひともいると思うので全員が全員ではありませんが、これからコロナと付き合っていかなければならないのであれば「コロナワクチンの副反応」についても理解を深めていかないといけないのかもしれません。

個人差はあると思いますが20代から30代くらいの副反応はファイザーでもモデルナでも(アストラゼネカは周囲にいないので不明)特に2回目はかなりきついので、仮に「副反応で休ませてください」というひとがいても「副反応ごときで休むだと!!」みたいな悲しきパワハラはやめてあげてください。解熱剤で抑えても明らかな発熱(37.5℃)を余裕で叩き出すので、無理をするとガチで倒れかねません。というかコロナワクチンの副反応をインフルエンザワクチンレベルまで下げることができないなら国で副反応有給とか作ってもらえませんでしょうか。それくらい本当にもう勘弁でした。あとは世のお母さんが副反応で寝込んでいるのに「ご飯まだー??」「洗濯してないのー??」だの「副反応くらいでおおげさだな」だの言ってはなりません。母は破壊神と化します。

とにもかくにも成人女性に限らず男性にも未成年にも副反応で苦しんでいるひとにはここぞとばかりに優しくしてあげましょう。特に通常の風邪やインフルエンザと違って症状に個人差がありすぎることと、発熱・悪寒・関節痛といった高熱特有の症状に加えて腕と連動して手や頭なども猛烈に痛くなる場合もあり初めてのことはみんな不安なので助け合っていきましょう

* * *

2021/10追記)

モデルナ製ワクチンの接種後に心筋炎や心膜炎を起こす可能性が他のファイザー製などと比べると高いということで、特に発症率が高いとされる10代~20代の男性にはおすすめされないようになりました。

やっぱり量が多すぎたみたいテヘ☆ペロ!!で済むかごるぁ

私は30代女性なので関係ありませんが後出しでこういった情報が出てくるのはもうごめんです。ちなみにファイザー製を接種したひとに「(モデルナの副反応等で)よく生きてたね」と言われました。私もそう思います。

\気になったらSHARE!!/

次の記事:Netflixオリジナル『イカゲーム』―韓流ドラマを観ないひとにこその作品

【閉塞感up】東京オリパラ2020とデルタ株の猛威に震えた夏:前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからダイジョーブと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 


最近のおすすめ記事

Netflixオリジナル『イカゲーム』―韓流ドラマを観ないひとにこその作品

[2回目]モデルナ製コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)接種完了

英語で知る新型コロナウイルス感染症(COVID-19 about in English)

映画『ここは退屈迎えに来て』を観て―国道を車で走り抜けラブホの灯りが見たくなる

映画『インストール』―学生時代の深夜に観ていた青春的モラトリアム作品

映画『くれなずめ』を観て―陰キャにも陰キャなりの青春と人生がある!!

(ネタバレ)映画『ニワトリ★スター』を観て―裏社会と違和感をファンタジーに変えた異色作

記事一覧はコチラ

読まれている記事


\ スマホはこちらから /