#新型コロナウイルス感染症

[1回目]モデルナ製コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)接種記録

2021年9月12日  2021年9月6日 

とうとう私の遠戚や身近なひとの職場で家庭内感染が起こるようになり「自治体の接種でファイザー製のワクチンが提供されるのはいつかな」と余裕をぶっこいていましたが、連日の「感染者の多くはワクチン未接種」という報道を見聞きしていくうちにもはや完全なる他人事ではないという危機感がMAXになりました。

私の母は高齢者なので早い段階で米ファイザー社製のワクチン接種2回を終えましたが、統計で見てもおわかりの通り20代や30代のいわゆる若者の層にはまだまだのようです。特に私が住民票を置いている自治体はワクチンの供給が見事に遅れている(た??)ので、おそらくボーッと待っていても当分接種できません。ということで正直恐くて仕方なかったというのが本音ではありましたが『米モデルナ社製』のワクチン接種に行ってまいりました。

1)決断する&予約する

重症化を防ぐための予防薬とはいえ、まだ世界に流通し始めたばかりのお注射を体内に取り込むというのはやはり恐怖。というわけで厚生労働省やモデルナ製ワクチンを取り扱う武田薬品などのウェブサイトを閲覧しながら接種方法や副反応などについて調べます。

通常は、三角筋(上腕の筋肉)に、1回0.5mLを筋肉注射という方法で接種します。

― 厚生労働省

私が覚えているワクチン接種が「風疹」と「インフルエンザ」なのですが、両方ともワクチンを注入する時の痛さが半端なくリアルに顔を背けて歯を食いしばっていました。刺している時間も微妙に長い気が。ということもあって実は日本のインフルエンザワクチン接種などの場合「皮下注射」が一般的らしいのですが「筋肉注射(筋注)」に対して強い恐怖心を拭い切れない。周囲の「チクッとはもちろんするけど痛くない」「量が少ない(←根拠不明)からすぐ終わる」という言葉を信じて注射自体は「痛くない」と言い聞かせて接種に臨みました。採血や点滴(静脈注射)など血管に注射針を刺す方が慣れて??いたのでひさしぶりの予防接種はやはり緊張。

2)当日までに予診票を記入する

事前準備はひとそれぞれですが前日に予診票を、熱は当日に測りました。私の場合は持病や処方薬が多すぎるので少々書き方に困りました。そのうえ寝相が悪かったらしく既に肩や肩甲骨の当たりの筋肉を痛めてしまい「あーあ」と自業自得に落胆するものの当日になってしまえば割と腹を括っているため気は楽です。既にファイザーの接種が終わっているひとは「当日は意外とたいしたことなかった」とあまり心配してくれず何故か心細い。特に注射自体は痛くないと言いますが、やはり副反応は避けられないようで数日間はみな体調不良に悩まされていました。私は顎関節症持ちで頭痛を起こしやすいのでそことの兼ね合いも気になるところではありました。

3)接種会場に行く

当日に体温を測りそれを予診票に記入すれば万事準備はOK。夕方頃で36.6℃ということで高すぎず低すぎず健康的。あとは必要書類や身分証明書を持参して予約時間の通りに指定の場所に行くだけ。メアドを登録しておけば前日にリマインダーしてくれるのは心強いです。会場に着いたら案内係のひとがたくさんいるので迷うこともほぼありません。

4)本人確認&接種する

幾度も本人確認と必要書類の提示を行い会場内をひたすらうろうろ。その分「密」という感じはありませんでした。時間帯も影響しているかもしれませんが年齢層は全体的にミドル世代かそれ以下で保護者同伴でお越しの中高生くらいの未成年者さんもいました。最後の本人確認を終えたら綺麗なお医者さん(看護師さん??薬剤師さん??)に予診票の確認をしてもらいます。持参したお薬手帳も見てくれて丁寧に確認してくれたのでひと安心。

ソーシャルディスタンスで待つこと数分。シャッとカーテンが開くとこれまた美人の先生がお待ちかね。今まで注射で体調が悪くなった経験を聞かれたので「採血でふらつきやすい」「インフル接種で腫れと微熱が出た」ことは伝えました。

アルコールは大丈夫ですか❤

あ…はい、大丈夫です

はーい、腕だらーんとしてくださいねー❤

(だらーん)

はいチクッとしまーす❤️(迷うことなくプスー)

(いっ)

はい入れまーす❤️(注入)

(ぬーっ!!)

一応おとななのでチクッは我慢できるもののやはり皮下注射や筋肉注射で薬剤が入ってくる時の独特な痛みはどうにも慣れない。それでもインフルや風疹(皮下注射)の時よりは全然我慢できました。

5)待機する

接種後は15分間もしくは30分間の待機を義務付けられるわけですが、残念ながら私は緊張の糸がここでバツッと切れたようですっかり雑念の虜に。次第に気持ちが悪くなりお腹は空っぽなのに(空っぽだから??)吐き気とふらつきが襲ってきました。この胸のドキドキはいったい…??

① アナフィラキシーなのか
② 迷走神経反射なのか
③ 不安によるパニック発作(持病)なのか

また、ごくまれではあるものの、ワクチン接種後に軽症の心筋炎や心膜炎が報告されています(※2)。

― 厚生労働省

不安要素が多すぎる状態によりすっかり自力と服薬で精神統一をすることができなくなった私は15分を過ぎても会場の外に出ることができず女性スタッフさんにヘルプミー。接種担当ではない緊急時の医師が待機しているベッドへ案内されました。

常備薬を既に服薬していることと接種から30分経っても明らかなアナフィラキシーなどは出ていないということで「ワクチンの影響ではないから」と無事帰されました。定期健康診断の通常採血で倒れるひとも多いので接種でも私みたいなひとは多いのでしょう。多分。

6)帰宅する

接種後1時間くらいで「なんとなく腕が痛いかもしれない」程度の腕の痛みを感じたので持参していた市販の解熱鎮痛剤を服用。歩き回る体力も気力もないので早々に帰りました。

主な副反応は、注射した部分の痛み(※1)、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。

― 厚生労働省

モデルナ製はファイザー製と比べると尋常ではないレベルの副反応が認められるというような記事や体験談がネットでぴょんぴょん飛んでくるため、私の恐怖は更に倍増。それでも頭痛や筋肉痛や疲労や発熱に対しては日頃の「不定愁訴」のおかげ??で慣れているのでそこに関してはさほど不安はありませんでした。どちらかというと誰も想定していなかった重篤な反応が稀に出てしまったら…という要らぬ心配が増幅していって当日はテンションさげさげでした。

接種後の体調

当日(1日目)

それから帰宅して就寝するまでの間は「なんとなく気持ち悪い」感覚のみでしたが、ワクチンの副反応というよりは不安症や便秘など別の要因だと思います。たまに左後頭部にビリっとした痛みを感じて恐怖しましたがこれも気にしすぎ。

翌朝(2日目)

注射された三角筋??だけピンポイントに痛みを感じて起床。筋肉痛に似た痛みとよく聞きますが、接種した筋肉だけが何かに掴まれているかのようにギューッと痛い感じがして不愉快。二度寝するも今度は左腕全体の怠さを感じて覚醒。腫れや部位の熱はないものの「二の腕の内部」が痛い。無理に腕を肩より上に上げようとするとイテテとなるので、なるべく日常の動作は利き腕でもある右腕に頑張ってもらう。幸い発熱はありませんが、まるで「頭痛の腕バージョン」で気持ちが悪い。

24時間後(2日目)

発熱はないものの腕の痛みは相変わらずで、お腹は空くものの痛みが強いせいか食欲に繋がりません。よく「腕が上がらない」と言いますが、私の場合は「腕が上げられない」の方がしっくりきて無理に上げようとすると違う世界に行きそうになるので恐怖でできません。やがて腕の痛みも接種した部位を中心にまるで骨折したのか(骨折の経験はないのですが)表現は悪いですがもげたのか⁉ちぎれたのか⁉というくらいに強くなり、痛みによる脂汗と吐き気で正直「×にたい」と思ってしまう。熱も測ると36.9℃という絶妙な微熱だったので解熱鎮痛剤と、私の場合は精神科の抗不安薬があるのでそれも一緒に飲んであとは目を閉じて神と仏に頼むのみ。モデルナワクチンの本気を垣間見た瞬間でした。

接種から約24時間後の嘆き
にしむらゆうじさんのスタンプを添えて

翌々朝(3日目)

腕の強い痛みに堪えかねて早朝に起床。だんだん悪寒と関節痛がしてきたので体温を測ったところ朝にしては高い37.2℃。通常起き抜けは35.5℃前後とかなり低いのでなかなかきつい。解熱鎮痛剤を飲んで寝る。夕方にはやっと少しは腕が上げられるようになるも全身の関節を中心とした倦怠感は消えません。

4日目以降

腕の痛みは相変わらずでしたが、日常生活のちょっとした動作に不便を感じる程度にまで緩和。発熱は消失したものの痛みが気になるので解熱鎮痛剤は常用。腫れた痛みというよりはまるで二の腕の中に化膿したコブのようなもの(粉瘤??)が入っているような感覚に近いです。

1週間後

腕の痛みもさほど気にならなくなり(気にしようと思えば気になってしまう程度)通常の生活に戻りはしましたが、副反応が出ている間に受けたダメージにより体調は芳しくありません。特に私の場合は食欲が落ちて栄養状態が良くなかったのと睡眠の質も悪かったので疲れやすくなりました。

インフルエンザワクチンとの副反応の違い

インフルエンザワクチンを接種する時は「鶏の卵の殻」を注射しますと説明され副反応も出ることはあっても極めて稀ですよという雰囲気でした。インフルの場合は翌日に接種部位が熱を持って膨らむように腫れて痒みを伴う感覚で微熱も出ましたが、翌々日には通勤できるくらいにすぐ回復しました。コロナワクチンは個人差もありますが、痛みがまるで腕に岩でも入っているかのようにかなり強いということと副反応の期間が長い。皮下注射と筋肉注射生ワクチン不活性化ワクチンmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンという違いもあるので今まで接種してきた経験はあまり今回には活かされないような気がしました。

1回目の接種で学んだこと

痛みが出だすとひとによっては腕の痛みで気持ちが悪かったり他の副反応を案じて不安が生じたりして食欲が落ちる可能性もあるので、接種前&痛みが出る前に好きなものを食べておくのもいいかもしれません。私の周囲では副反応中も普通に食べていたので食欲に影響が出やすいと思う方は特に。余談ですが接種直後でいちばんこわかったのは深夜に救急車の音がしたと思ったら近所で1時間くらいずっと止まっていること。救急を呼んでもすぐに病院に搬送してもらえないという医療崩壊の恐怖は拭えません。

* * *

追記)
これをまとめている最中にまさかのモデルナ製ワクチン異物混入騒動に巻き込まれ早朝からガッカリ。いやぁまさかまさかと思いロット番号を確認したところスパパパパーン!!と数字が揃ったので複雑すぎる。計3ロット約163万回分が使用中止ということで2回目の接種はどうなるのかという点も不安になりましたがウェブで確認したところ私が利用した接種会場では他のロットがあるのでキャンセルにはならないとのことでした。

当初は容器の蓋に使用されているゴム片かもしれない、製造過程で混入した謎の金属かもしれない、などと憶測が憶測を呼び既に接種された側としては仮にそれらも一緒に体内に取り込まれてしまっていたとして異物だけ取り除く術もあるはずもなく。

後日、混入物は「ステンレススチール」ということが判明。この頃には副反応による食欲不振や睡眠不足がたたって疲労困憊だったので、組織や血管に破片が入り込んで傷を付けるとか甚大なアレルギー反応が起こる可能性があるとかそういったことはとりあえずはないとわかり「ま、いっか」と思うしかありませんでした。

モデルナ社が委託した独立調査機関によると、ロット番号3004667のバイアル内から得られた粒子状物質を詳細に分析した結果、その粒子状物質が316ステンレススチールであると同定されました。これは上述の原因に関する調査結果と一致しています。316ステンレススチールは、製造や食品加工の際に一般に使用されるハイグレード(高品質)のステンレススチールです。

― 武田薬品工業株式会社

こういったことが頻繁に報道されると「強い副反応に堪えなきゃいけない上にこんな思いまでしたくない」となり接種を躊躇する方もいるかもしれません。正直他のワクチンや薬なんかと同じで100%絶対に安心安全完全予防という確証はないので不安がつきまとうのは至極自然な反応。あくまで予防接種ですので受けるも受けないも個人の自由ではありますが、私の場合は接種によるリスクよりも「とりあえず接種はしてある」という謎の安心感を得たかったので副反応に定評のあるモデルナ製でしたが踏み切りました。まだ恐怖の2回目を控えている状態なのでこれからどうなるかわかりませんが、とりあえず解熱鎮痛剤や発熱用セットを揃えて2回目に挑みたいと思っております。自分だけではなく周囲のためにも!!頑張ります&頑張りましょう

参考:
武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについて - 厚生労働省 (https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_moderna.html) 2021.9.6
武田薬品COVID-19ワクチン関連特設サイト(日本)|武田薬品工業株式会社 (https://www.take-care-covid-19.jp/) 2021.9.6
健康・医療新型コロナワクチンの異物混入への対応 - 厚生労働省 (https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_tmmiawase.html) 2021.9.12

\気になったらSHARE!!/

次の記事:英語で知る新型コロナウイルス感染症(COVID-19 about in English)

映画『ここは退屈迎えに来て』を観て―国道を車で走り抜けラブホの灯りが見たくなる:前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからダイジョーブと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 


最近の記事

英語で知る新型コロナウイルス感染症(COVID-19 about in English)

[1回目]モデルナ製コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)接種記録

映画『ここは退屈迎えに来て』を観て―国道を車で走り抜けラブホの灯りが見たくなる

映画『インストール』―学生時代の深夜に観ていた青春的モラトリアム作品

映画『くれなずめ』を観て―陰キャにも陰キャなりの青春と人生がある!!

あの『ドキドキ文芸部!』が『ドキドキ文芸部プラス!』になって帰ってくるので歌うよ!!

(ネタバレ)映画『ニワトリ★スター』を観て―裏社会と違和感をファンタジーに変えた異色作

記事一覧はコチラ

読まれている記事


\ スマホはこちらから /