『龍が如く0(Yakuza0)』真島さんと学ぶ非日常英会話―インチキ宗教の罠編(Disciple of the New Order):前編

2021年2月13日 

今回はSEGA『龍が如く0』にて、それまでの狂気的な言動からは信じられないほどに常識的で冷静な男前っぷりを見せた真島の兄さんと共に日常では使えない英語を学習していきたいと思います。

数多あるサブストーリーの中でも文字通りカルト的人気を誇るのが「ムナンチョヘペトナス教」の物語。いろいろとギリギリアウトな設定ですが『明らかに胡散臭い上に悪質極まりないにもかかわらず最終的にはなぜか憎めなくなってしまう』という怪しい新興宗教のあるあるすぎる恐ろしさにユニークに切り込んでいる挑戦度の高い設定。何かとセンシティブなので海外ではどういった形で受け取られているのかわかりませんが、海外版『龍が如く0』→『Yakuza0』自体が人気度が高いので特段問題にはなっていない模様。むしろ混沌としたこのご時世に於いては反面教師として何かと客観的になれる興味深い展開です。

Substories 54
Disciple of the New Order

サブストーリー 54
インチキ宗教の罠

― 路上

Pleading Woman(訴える女性)
My daughter… Please let my Iori go!
娘を…… いおりを返してください!
Majima(真島)
Eh? What’s all this?
ん?なんや……?
Oddly Dressed Man(怪しい服の男)
Let her go? Your daughter is with us of her own free will.Your accusations have no merit.
返してとは。とんだ言いがかりですね。
娘さんはご自身の意志でここへ来たのですよ。

Pleading Woman:
Y-You people duped my daughter into joining!
You, you…
あ、あんた達が娘をそそのかしたんでしょう!
この……

Pleading Woman:
Fanatics!
インチキ宗教!
Oddly Dressed Man
If you persist in your venomous blasphemy, I am afraid that Sister Iori will have to serve atonement for the sins of the mother.
……これ以上あなたが我々を侮辱するおつもりなら、我々は、あなたの娘さんであるいおりさんに、制裁を与えなければなりません。
Pleading Woman:
A-Atonement?
せ、制裁……!?
Oddly Dressed Man:
Our adherence to pacifism makes the use of physical atonement distasteful, but it is at times a necessary evil. Now, would you please let us be?
我々としても、実力行使は本意ではないのです。今日のところはお引き取り下さいませんか?
Pleading Woman:
……
…………
Pleading Woman:
Iori… What am I going to do…?
いおり…… お母さん、どうすればいいの……
Majima:
……
…………

Iori’s Mother(いおりの母親)
Iori… What am I going to do…?
いおり…… お母さん、どうすればいいの……
Majima:
Oi. I couldn’t help but overhear ya givin’ lip to those pajama-clad screwballs. Somethin’ up?
えらい騒いどったみたいやけど、どないしたんや?なんかあったんか?
Iori’s Mother:
Pardon me? And y-you are…?
え?あ、あなたは……?
Majima:
Nobody special. Like I said, it sounded like an argument, and I wanted to make sure ya weren’t in any danger.
ただの通りすがりや。おたくらの話が耳に入ってな。ちぃと気になったんや。
Iori’s Mother:
So you’re just passing by? You’re not one of… them? That, that… cult?
通りすがり…… ということは、あの団体とは関係ないんですね…… よかった。
Majima:
Cult?
あの団体?
Iori’s Mother:
Yes. Those people I was talking to.
えぇ、私がさきほど話してた人達のことです……
Iori’s Mother:
Those people… took my daughter, Iori.
あの人達は…… 私の娘、いおりを奪ったんです……
Majima:
…Whaddya mean, “took”?
……どういうことや?

― Ashitaba Park(あしたば公園)

Majima:
…So, you’re sayin’ your daughter got swept up in the pajama party and hasn’t come home since?
……つまりあんたの娘、いおりちゃんが、さっきの連中のとこに行ったきり、戻って来んようになったと。
Iori’s Mother:
Yes. I don’t know who to turn to anymore…
はい…… 私、もうどうしたらいいか……
Majima:
How old’s Iori-chan?
いおりちゃんは歳、いくつなんや?
Iori’s Mother:
She’s twenty. Just a college student.
いおりは二十歳で、大学生です。
Majima:
Twenty, eh? She’s ripe for the pickin’, then. Girls her age are lookin’ for freedom, and they musta had it on offer.
二十歳かぁ。そのくらいの歳頃の娘やったら、遊びまわって家に戻らんなんて、よくある話やんけ。
Iori’s Mother:
But Iori isn’t like that!
She’s been duped by those people!
違うんです!いおりは騙されてるんです!
Iori’s Mother:
By that cult!
あの、宗教団体に……!
Majima:
You sure they’re a cult?
Not just a buncha kooks in pajamas?
……宗教団体?さっきの連中はその、宗教の人間なんか?
Iori’s Mother:
Yes. I didn’t know anything was wrong until I got a call from school saying Iori was missing classes.
えぇ、いおり、最近大学に行ってなかったみたいで、学校から家に連絡があったんです。
Iori’s Mother:
But she left home every morning, so I followed her one day. And that’s when I saw her going into that cult’s building.
でも毎日どこかに行ってるみたいだし、気になって、いおりの後をつけてみたら…… あの宗教団体の本部に入っていくじゃないですか。
Iori’s Mother:
When Iori came home, I confronted her about it. Rather than getting upset over my following her, she said, “What perfect timing. You should join the order, too.”
いおりが家に帰ってきてから、問いただしたら、尾行したことを怒るでもなくなく、こう言ったんです。”ちょうどいいからお母さんも入信しようよ”って。
Majima:
Hmm…
むむ……
Iori’s Mother:
I’ve never seen my daughter so… vacant. She gets this faraway look in her eyes whenever she talks about this new obsession of hers. I’m sure they’ve done something to her.
いおりのあんな虚ろな目、初めて見ました。宗教の話をする時だけあの娘、目が変わるんです。絶対に何かされてるはずなんです……
Iori’s Mother:
She’s also been spending her money on these expensive amulets and statues. I told her she needed to get out of this cult…
変な像やお守りも高値で買わされてるみたいだし、私、宗教やめてほしいって言ったんですけど……
Majima:
But she ain’t exactly listenin’ to reason, is she?
いおりちゃんには、聞き入れてもらえんかったちゅうわけや。
Iori’s Mother:
Right. The next day, the cultists just showed up and took my daughter away. They didn’t resort to force, but they weren’t going to leave without her, either.
はい…… 次の日どこから聞きつけたのか、宗教の人達がやって来て、娘を半ば無理やり連れて行ってしまったんです……
Majima:
I gotchya.
……なるほどな。
Iori’s Mother:
I’ve gone to see them many times, pleading to see my Iori, but they always turn me away at the door.
何度も娘に会わせてほしいと、頼みに行ってるんですが、いつも門前払いで……
Iori’s Mother:
I just recently lost my husband. If I were to lose my poor daughter now…
旦那を亡くして間もないのに、今度は娘までいなくなったら…… 私……
Majima:
(Her daughter’s caught up in some weird cult, and she can’t even see her. That ain’t right.)
(自分の娘が怪しい宗教にハマって、その上、連絡もとれん状態とは…… ひどい話や)
Iori’s Mother:
Um, Majima-san, was it?
May I please make a request?
……真島さん、でしたっけ。ひとつ、お願いしてもよろしいですか?
Majima:
Go for it. I guess I kinda stepped into this one, anyway. If it’s somethin’ reasonable, maybe I can help.
なんや?言うてみい。これも何かの縁や。できることなら、協力してやってもええで。
Iori’s Mother:
Um… would you mind joining that cult for me?
その…… よろしければ、あの宗教に入信してくれませんか?
Majima:
Ya want me to join ’em!?
What part of that’s reasonable?
にゅ、入信?
Iori’s Mother:
Well, only disciples are allowed inside. Joining them is the only way to get in.
はい…… あの宗教の内部に潜入するには、信者として入信する以外に方法がないんです。
Iori’s Mother:
I would sneak in myself, but they know my face now. They would never let me past the doors.
私が潜入できればいいんですが、顔がわれてしまっていますから、きっと見つかって、すぐに追い出されてしまうでしょう。
Majima:
I get it. Since they don’t know me, I can join ’em and gain entry with no fuss. It’s sound logic, but…
なるほどな…… 顔のわれていない俺なら、スムーズに入信して、内部に潜入できる、ということか。理屈は分かるけど、しかしなぁ……
Iori’s Mother:
You must think I’m insane for asking you to do this. We only just met. But… I want my daughter back!
会ったばかりの人にこんなこと頼むだなんて、どうかしてるってわかってます。でも…… どうしても、娘を取り戻したいんです!
Majima:
……
…………
Iori’s Mother:
Majima-san, please. Please help me! I will of course provide a reward of some sort…
真島さんお願いします!もちろん、お礼ならさせていただきますから……
Iori’s Mother:
If you could even just tell Iori that I want her to come home. Even that will do. Please.
あの娘に…… いおりに、”帰ってきて”と伝えてくれるだけでいいんです!どうか、どうかそれだけでも……!

 Can’t say no now.
 しゃあないな
 Not a chance.
 無理や

Majima:
Well, can’t very well say no now, can I? But all I can promise is that I’ll tell her to come home.
はぁ、しゃあないな…… でも“帰ってきて”って伝えるだけやで。
Iori’s Mother:
Y-You will? Oh, thank you!
ほ、本当ですか!?ありがとうございます!
Iori’s Mother:
Majima-san, please be careful. There’s no telling what the Order of Munan Chohept Onast is capable of.
真島さん、気を付けてくださいね。彼ら、ムナンチョヘペトナス教の人達は、何をしてくるかわかりませんからね。
Majima:
Munan-chachacha what now?
む、ムナンチョ…… なんて?
Iori’s Mother:
The Order of Munan Chohept Onast. You must learn their name. If you can’t even get that much right, those cultists will never trust you.
ムナンチョヘペトナス教です。すいませんが、覚えてください。名前くらい言えないと怪しまれてしまいますからね。
Majima:
Uh, right. Odd name for a religion, though.
お、おう。せやけど、ずいぶん変わった名前の宗教やな……
Majima:
Anyway, don’t you worry. I got this. I’ll snake my way in, make contact with Iori-chan, and then snake my way out.
まぁまかしとき。俺がうまいこと潜入して。あんたの娘、いおりちゃんに接触してみるわ。
Iori’s Mother:
Thank you… Please take this, Majima-san.
はい…… 真島さん、これを。

 Received a Handmade Amulet.
 「手作りのお守り」を手に入れた

Majima:
What’s this?
なんやこれ。
Iori’s Mother:
It’s just a little charm I made to ward off evil. I think you may need it, Majima-san. For protection.
私の作ったお守りです。真島さんが危ない目にあわないように、持っていてください。
Majima:
Heh, hope it really works.
へへ、ご利益あるとええな。
Iori’s Mother:
Please, please find my daughter, Iori.
娘を…… いおりを、よろしくお願いいたします。

― 本部前

Majima:
(Those pajama freaks are in the cult that Iori-chan joined. I gotta join ’em to help out her mom.)
(あれは、おばはんの娘、いおりちゃんが入信しとる宗教の奴らやな)
Majima:
Hi. ’Scuse me.
す、すんまへーん。
Male Disciple(男性教徒)
Yes? Do you seek something from us?
はい、なんでしょう。我々に何かご用ですか?
Majima:
(To meet Iori-chan, I gotta get into this cult. So first, I gotta act like I really wanna join.)
(いおりちゃんと会うためには、まずこの宗教に入りたいフリをせんとあかんな。……よし、一芝居打ったるか)

 I want to join the Order of Maran Chohapt Orast.
 サレンチョハバトラス教に入りたい
 I want to join the Order of Macho Chedipt Orest.
 アバンチョデシトラス教に入りたい
 I want to join the Order of Munan Chohept Onast.
 ムナンチョヘペトナス教に入りたい

Majima:
I want to join the Order of Munan Chohept Onast.
俺、ムナンチョヘペトナス教に入りたいんやけど。
Male Disciple:
Ah! You have come to embrace the divine magnificence of Munan Chohept Onast! Do you wish to become chosen?
おぉ、あなたも神であるムナンチョヘペトナスを、崇める準備が整ったのですね!選ばれし子よ!
Majima:
Absolutely, I do! Munan Chohept is where it’s at!
せやな!ムナンチョヘペトナスはすごいもんな!
Male Disciple:
Glory be! I can see you will be a most excellent disciple already. Right this way, please.
素晴らしい!期待の新人が入ってきましたよ!それではこちらへどうぞ!
Majima:
Alright!!
おう!
Majima:
(…Where do they come up with this shit, anyway?)
(……ムナンチョヘペトナスってなんやねん)

― 本部内

Mentoring Disciple(案内役の教徒)
Thank you for committing yourself to our path. May I have your name, please?
本日はお越しいただいてありがとうございます。まずはお名前を教えてくださいますか?
Majima:
I’m Majima. Goro Majima.
俺は真島や。真島吾朗。
Mentoring Disciple:
Ah, Brother Majima. Onast for informing me. Now, let’s have you—
真島さんですね。教えてくれてヘペトナス。それではさっそく真島さんには……
Majima:
Whoa, hold up a sec. Ya just threw that psychobabble at me like was supposed to know what it meant.
ちょ、ちょ待てや!今のヘペトナスってなんや?
Mentoring Disciple:
Oh, “Onast” is a word we use to express the feeling of gratitude and appreciation.
ヘペトナスは我々の教団の言葉です。「ありがとう」という意味がこめられています。
Majima:
Uh, we already have a word for that, but, Onast to you too.
……そうなんか。わざわざヘペトナスやで。
Mentoring Disciple:
As I was going to say, Brother Majima, we will have you observe a portion of our activities today.
それでは気を取り直して…… 真島さんには本日、我々の活動の一部を、見学していただきます。
Mentoring Disciple:
You must observe with purpose—it is the first part of your training to absorb our doctrine. There will be a test at the end as a measure of your faith.
見学といっても立派な修練ですので、見聞きしたことはちゃんと覚えておいてください。あとでテストしますよ。
Majima:
At least it ain’t a pop quiz. Gotcha.
テストか…… わかった。
Mentoring Disciple:
Well, shall we be—
それでは参りましょ……
Terrified Disciple(脅えた男性教徒)
H-Help! Help me! Heeelp!
ヒ、ヒィィィ!た、助けてくれぇ!
Majima:
Hey, what’s all the racket?
おい、どうしたんや?
Pursuing Disciple(追ってきた男性教徒)
Apologies, Brother. He is a debaser.
すいませーん、そいつ違反者です。
Mentoring Disciple:
Oh, not again. You must be more careful. We have a new recruit with us here today.
おや、またですか。気を付けてくださいね。入信希望者の前ですよ。
Pursuing Disciple:
Yes. I will call for a chastening.
はい、すぐに制裁を与えます。
Terrified Disciple:
Ch-Ch-Chastening!? N-Noooooo! Not that! Not a chastening! Have mercy!
せ、せせせ、制裁!?やだぁ!制裁はいやだぁぁぁ!!
Majima:
Whoa, Whoa, hold up. That guy’s scared shitless. I dunno what’s goin’ on, but maybe ya could ease up on him?
おいおい、なんか嫌がっとるで。ようわからんけどやめてやりや……
Mentoring Disciple:
You concerns are unfounded, Brother Majima. That poor soul is wracked by episodic outbursts of manic behavior.
はっはっはっ、大丈夫ですよ。真島さん。彼はたまにああやって発作がでるんです。
Majima:
Outbursts, eh…
発作て……
Pursuing Disciple:
Come. This way.
ほら、来なさい。
Terrified Disciple:
Nooo! I wanna go hooome!
やだぁぁぁ!家に帰りたいよぉぉぉ!!
Mentoring Disciple:
Please, pay it no heed. Let us continue.
さ、気を取り直して、参りましょう。
Majima:
……
…………

yakuza0

Majima:
Whoa! What do we got here!?
うぉ!なんやねんこれ!
Mentoring Disciple:
This is our prayer room. It is where we practice shooreh pippi.
こちらの部屋では、シュレピッピを行ってます。
Majima:
Hold up. You slipped that sure-a-peepee thing in as if it were the most natural thing in the world. What is it?
ちょう待てや。当たり前のように言ったけど、そのシュレピッピってなんやねん。
Mentoring Disciple:
Ah, but it is. Shooreh pippi is training to attain higher enlightenment in the path of Munan Chohept Onast.
シュレピッピは、ムナンチョヘペトナスにおいての、修練のことです。
Majima:
O-kay. Shooreh pippi is training.
そーか、シュレピッピは修練、ね……
Mentoring Disciple:
Those engaged in shooreh pippi here are our latest recruits. As a collective, we refer to each other as “friends.”
そしてシュレピッピを行ってる彼らが、最近入団した我々のフレンド達です。
Majima:
(Latest recruits, eh?)
(最近入団した奴ら、か……)
Majima:
(That lady’s lost daughter, Iori-chan, colud be doin’ this shooreh pippi thing right here.)
(もしかしたらこん中に、おばはんの娘、いおりちゃんがおるかもしれへんな)
Mentoring Disciple:
Shooreh pippi gives them focus. Through concentration, they accumulate kulipaas.
彼らは精神を集中させるシュレピッピを行い、ク・リパースを溜めているのです。
Majima:
You guys got a dictionary for all this? What’s kulipaas?
またでた!なんや、ク・リパースって!
Mentoring Disciple:
Well… To put it in layman’s terms, it can be considered a measure of virtue.
そうですね…… 日本語で表すのであれば、「徳」のようなものですかね。
Mentoring Disciple:
As we accumulate kulipaas, the divine Munan Chohept shall bestow enlightenment and rapture upon us.
ク・リパースを溜めることにより、神であるムナンチョヘペトナスから、幸福を授けてもらえるのです。
Majima:
Uh-huh.
ふーん。
Majima:
(This is getting so old, so fast.)
(なんやもう疲れてきたな)
Mentoring Disciple:
Oh? Sister Iori-san, you must sway more. Proper shoopeh pippi is the path enlightenment.
……おや?いおりさん。体の揺らぎが足りないですよ。
Woman Called Iori(いおりと呼ばれた女)
Y-Yes! Onast for your benevolent guidance!
は、はい!ご指導、ヘペトナス!
Majima:
(Did he just call her Iori? Is that our girl?)
(今、いおりって言うたか?あの娘、もしかして……)
Mentoring Disciple:
I’m sorry, I need a minute to help steer our friends towards the path of the just. Brother Majima, please feel free to observe.
私、少しだけフレンド達を指導してきますね。真島さん。しばらくご自由に見学しててください。
Majima:
(Don’t mind if I do. Here’s my chance to see if that friend is our girl, Iori-chan.)
(ちょうどええ。あの娘がいおりちゃんかどうか、確かめてみよか……)

Majima:
Hey, Sister.
なぁ、嬢ちゃん。
Woman Called Iori:
……
…………
Majima:
Sister, that guy called ya Iori, right?
嬢ちゃん、いおりって呼ばれとったけど……
Woman Called Iori:
……
…………
Majima:
(Ignorin’ me, huh? Guess she wants to concentrate on her shooreh pippi thing.)
(……無視かい。なんや、シュレピッピって修練に集中したいみたいやな)
Majima:
(But I gotta see if this girl’s really Iori-chan. What’ll I say to her?)
(でもこの子がいおりちゃんかどうか、確かめなあかんし…… なんて声かけたろかな)

 Crack a Dump Pun
 布団がふっとんだ
 Call Her Iori
 あんた いおりちゃんやろ
 Claim to Be Munan Chohept
 我はムナンチョヘペトナス

Majima:
(Let’s call her by name and see if that gets a reaction.)
(ここは名前呼んでカマかけたろか)
Majima:
(People can’t help respondin’ to their name. That oughta tell me if this girl’s our Iori-chan.)
(本名呼ばれたら反応してしまうもんやからな。それでいおりちゃんかどうか確かめられるはずや)
Majima:
You’re Iori-chan, aren’t ya?
あんた、いおりちゃんやろ。
Woman Called Iori:
Pardon? How do you know my name?
……!?あなた、なぜ私の名前を……?
Majima:
(Bam. This here’s that lady’s missin’ daughter.)
(よし、やっぱりこの娘が、おばはんの娘、いおりちゃんや!)
Majima:
Iori-chan, listen up.
I got a message from your mom.
いおりちゃん、よう聞きや。
あんたのお母さんから、伝言を預かっとる。

Iori(いおり)
My… mom?
お母…… さん?
Majima:
Yeah, she asked me to get in here and tell ya to come home.
お母さん言うとったで。いおりちゃんに“帰ってきて”やて。
Iori:
Mo… ther… Mother…
オカアサン…… オカアサン……
Iori:
M-Mother, mother, mother, motherrr…
オカアサンオカアサンオカアサンオカアサン……
オカアサンオカアサンオカアサンオカアサン……

Majima:
What the!? Iori-chan!?
な、いおりちゃん!?
Iori:
Agh! Mother…! M-My head! It hurts! Agh!
うぅぅぅ! オカアサン……!
あ、頭がイタイ…… あああああああ!!!!

Majima:
H-Hey! What’s wrong!? Snap outta it!
お、おい!どうしたんや!しっかりしぃ!
Mentoring Disciple:
Brother Majima! What is going on here? You must disturb our disciples in shooreh pippi!
真島さん。何をしているのですか!シュレピッピの邪魔をしてはいけませんよ!
Majima:
Uh, yeah. Sorry, my bad!
……! あぁ、すまんすまん!
Mentoring Disciple:
Sister Iori-san, are you well?
いおりさん。大丈夫ですか。
Iori:
…Y-Yes. I think so.
……は、はい。なんとか。
Mentoring Disciple:
Brother Majima, please be careful when speaking to fellow disciples. Our friends are purging memories of family and their worldly ties to attain spiritual purity.
真島さん、信者と話す時は気を付けてください。家族や友人の記憶を消しているフレンドもいるので。
Majima:
Say what!? Purging memories?
はぁ!?記憶を消すぅ!?
Mentoring Disciple:
Yes. As a rule, our disciples undergo a mental cleansing process so that they may better dedicate themselves to shooreh pippi.
えぇ、だいたいのフレンド達は、シュレピッピの妨げにならないよう、そのような処置を行うんですよ。
Majima:
B-But that’s…
そ、そんなことって……
Mentoring Disciple:
Ahem! My friends, I ask for your attention!
ゴホン!みなさん注目してくださーい!
Mentoring Disciple:
Today, our Guru has come to inspire us in our climb toward ever higher states of enlightenment through shooreh pippi.
日々、シュレピッピを行ってる皆さんのために、本日は教祖様が激励にいらしてくれていますよ。
Disciples(教徒たち)
おぉ……!
Mentoring Disciple:
Friends! Our spiritual leader…
Guru Munan Suzuki!
それでは、我らが教祖!
ムナンチョ・鈴木様です!どうぞー!

(続く…)

日本語で既にわけがわからないのに全編英語となると余計に混乱しますが、実はムナンチョヘペトナス教の用語よりも真島さんの言葉遣いの方が即時に理解するのが難しかったりします。いわゆる「真島弁」ですが、よりフランクな会話にするためか桐生さんよりも口語的だったりスラングちっくな表現が目立ちます。

例えばバイリンガル真島さんの口癖として多いのは「ya」ですが、これは相槌の「yes」(ここでの日本語なら「せやな」など)だったり「you」などの省略として表現されます。意味は前後の文脈で判断します。また「whaddya」は「What do you」の略、「gotchya」は「gotcha(=I’ve got you)」のスペルで「わかった」という意味で使用されるようですが真島さんはgotchyaと言っているので「ya」の語感で話すのが特徴??なのかもしれません。桐生さんと比べるととにかく省略が多いのが真島さんで「ing」の省略としてアポストロフィーを後に持ってきて「g」を省く「n’」や「’em(=them)」「’Scuse(=Excuse)」のようにアポストロフィーを前に持ってくることで単語自体を省略するなど極めて俗語的です。ポピュラーなのは「rock 'n' roll(=rock and roll)」で、日本語でも「ロックンロール(=ロックアンドロール)」と発音しています。他に「kinda(=kind of)」などの省略も用いています。

日本で学ぶビジネス英会話や受験用英語では扱うことはおそらくないので、今だったら数多存在する動画配信サイトなどのプラットフォームで現在のネイティブな英語を聞くと真島さんの会話の方がより日常的に見えてくるのかもしれませんね。言葉は常に変化するので使える英語を学ぶならネイティブスピーカーのゲーム実況やらスポーツ実況やら雑談配信やらから頑張って聞き取って知識をお裾分けしてもらうのがいちばんお金もかからず手っ取り早いのかも。

さて、念のためムナンチョヘペトナス教団内での言葉もまとめて復習しておきましょう。立派な修練ですので、見聞きしたことはちゃんと覚えておいてください。あとでテストしますよ。

ムナンチョヘペトナス教の用語一覧

The Order of Munan Chohept Onast
Onast→Thank you
shooreh pippi→training
kulipaas→virtue

※画像はスマホアプリ版『龍が如くONLINE』より

\気になったらSHARE!!/

次の記事:【体験談】寸借詐欺に注意せよ!!!

スピッツの歌詞をエロスに考察する部→1stアルバム『スピッツ』編:前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからダイジョーブと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 


最近の記事

英語で知る新型コロナウイルス感染症(COVID-19 about in English)

[1回目]モデルナ製コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)接種記録

映画『ここは退屈迎えに来て』を観て―国道を車で走り抜けラブホの灯りが見たくなる

映画『インストール』―学生時代の深夜に観ていた青春的モラトリアム作品

映画『くれなずめ』を観て―陰キャにも陰キャなりの青春と人生がある!!

あの『ドキドキ文芸部!』が『ドキドキ文芸部プラス!』になって帰ってくるので歌うよ!!

(ネタバレ)映画『ニワトリ★スター』を観て―裏社会と違和感をファンタジーに変えた異色作

記事一覧はコチラ

読まれている記事


\ スマホはこちらから /