『龍が如く0(Yakuza0)』桐生さんと学ぶ非日常英会話―SM講座編(How to Train Your Dominatrix)

2020年11月19日 

日本を代表する人気ゲームタイトルのひとつ(スマブラに参戦できるレベル)といえばSEGA『龍が如く』シリーズですが、日本の極道社会という異質な文化や神室町(歌舞伎町)という日本独特の雑多な歓楽街を主題とした物語とサブストーリーが占めているので『グランド・セフト・オート(GTA)』シリーズ(アメリカの制作会社による犯罪アクション)と比べると海外ユーザーの参入が難しいのでは…と思いきや。海外での売り上げや認知度も伸びているようで北米版では『Yakuza』、中華圏では『人中之龍』として人気を誇っているのはYouTubeやTwitchなどの動画配信サイトでもわかります。

最近では主人公の桐生一馬らがカラオケで歌う『ばかみたい』がなぜか海外でヒットするという珍現象が起こり、MADを作成したり桐生のカラオケ映像を参考にカバーする動画投稿者が続出。海外のコアなゲーマーやファンなら日本語で歌えてしまうようです。特に桐生(CV:黒田崇矢)や秋山(CV:山寺宏一)が歌う『ばかみたい』は日本の歌謡曲の色気が突出していて名曲なのはよくわかりますが、何が英語圏のひとびとの心を掴んだのかは謎。

さて、初代『龍が如く』から名物となっているのはバカバカしくも愛すべきサブストーリー。その膨大なテキスト量からは作り手の努力と愛の賜物が伝わってまいります。海外版がヒットしているところで気になるのはシリアスで時には涙腺崩壊すら促す重厚なメインストーリーはともかく、日本人ですら良い意味で呆れてしまうサブストーリーをどう伝わるように翻訳できたのかというところでした。

海外向けトレーラー
本編ではこんなに渋いのに…

ということで、私が好きな『龍が如く0』のサブストーリーより引用して桐生さんと普段使えない英会話を勉強します。

Substories 7
How to Train Your Dominatrix

サブストーリー 7
SM講座

― 店外

Masochist(マゾヒストおじさん)
Punish me!
ののしっておくれ!
Kiryu(桐生)
Hm?
ん?
Masochist:
Hurry! Now!
Punish me where everyone can see my shame!
さぁ、早く!
公衆の面前で、私をののしっておくれ!

Kiryu:
(Oh, some kind of S&M club is here, I guess.)
(何かと思えば、SMクラブの客か……)
Kiryu:
(Man, what people do in the privacy of their own homes is one thing, but is this really necessary out on the street?)
(こんな人通りの多い場所でのプレイは、正直勘弁してほしいぜ……)
Dominatrix(女王様)
Um… Okay, then…
えっと…… それじゃあ……
Dominatrix:
You… You middle-aged man!
この…… おじさん!
Masochist:
Yes, go on!
はい、続けて!
Dominatrix:
Um, um, you… lusty guy!
えっとえっと、この…… エッチ!
Masochist:
More! Put your soul into it!
もっと! 魂をこめて!
Dominatrix:
Please visit agein!
You… You… customer!
また来てください!
この…… お客さん!

Masochist:
No, no, no. Ayu-chan, that was no good.
Like, nothing about it was working. Nothing at all.
……ダメダメ。
全然ダメだよあゆちゃん。

Masochist:
I knew you were bad during the role-play,
but I didn’t expect you to be bad at just saying goodbye.
プレイの時もダメだったけど、
まさか見送りの時までそんな感じだとは!

Ayu(あゆ)
C-Can you please tell me what I did wrong?
ど、どこがいけなかったでしょうか……
Masochist:
Where do I start? When I asked you to punish me, you said I was a middle-aged man.
That’s the truth, not a put-down.
まず最初、ののしり文句が“おじさん”だったね。
おじさんがおじさんって呼ばれるの、普通だよね?

Ayu:
I suppose that’s true.
そうですね……
Masochist:
And then you called me “lusty.” I mean, who says that?
If I’m coming here, lust is pretty obvious, I’d think.
What’s the joy in being told what you already know?
次に“エッチ”って。もうね、語感がかわいすぎ。
それにこんな店に来る客はみんな当然エッチでしょ。
周知の事実を言われても、快感を得られないよ。

Ayu:
Also true…
はい……
Masochist:
And, to top it off, “Please visit again”?
That’s proper business etiquette, not sadomasochism.
しかも最後、“また来てくださいお客さん”って。
もうそれ、普通に接客だよ。全然SM関係ないよ。

Ayu:
I’m so sorry…
申し訳ありません……
Masochist:
Oh man, Ayu-chan, you’re an S&M queen, a dominatrix.
You should never, ever apologize.
もう、あゆちゃんは女王様なんだから、
そもそも謝っちゃダメだよ。

Masochist:
Other than your terrible humiliation skills, you’re the girl of my dreams.
But I don’t know if I can keep this up.
ののしり以外は僕の好みドストライクなんだけど、
このままじゃ厳しいなぁ……

Masochist:
If you disappoint me next time,
I’ll have to ask for a different girl. See ya.
次もダメだったら、
他の子を指名することにするからね。それじゃ……

Ayu:
*sniffle*… *sob*
うっうっ……
Kiryu:
(S&M must be a tough act.
She’s crying.
Do I console her?)
(SMも大変だな……
泣いているようだし、
慰めてやったほうがいいか……?)

Kiryu:
Hey. Are you okay?
……おい、大丈夫か?
Ayu:
Oh, uh, sorry.
I’m sorry for causing a scene in public, too.
あ、すいません……
公衆の面前でお騒がせしました……

Kiryu:
It’s okay. Well, it was a scene, I guess.
But this S&M thing… It sure has some unique challenges, doesn’t it?
いや…… まぁ、そうだが。
SMってのも色々大変だな。

Ayu:
Yes, very much so…
はい、大変です……
Ayu:
What do you think after watching that?
I’m not cut out for this line of work, am I?
……はたからみてて、どうでした?
私やっぱりこの仕事、向いてないですよね。

Kiryu:
Hmm. Honestly,
you do seem to be too caring and gentle to play a dmonatrix.
うーん、たしかに女王様をするには、
物腰が柔らかすぎるような……

Ayu:
I find it very hard to berate someone,
especially a client. It just feels like I’m being rude.
人をののしるのって、とても苦手で……
ましてや相手はお客さんですし、失礼かと……

Kiryu:
Hmm. I would think your customers pay you
because they want to be abused by you.
うーむ、お前の客達はむしろ、
ののしられたくて金を払ってる気がするが……

Kiryu:
If you’re so hung up about berating someone,
why are you even working as a dominatrix?
そんなに人をののしるのに抵抗があるなら、
なんで、女王様をやっているんだ?

Ayu:
Since I was a child, I could never rebuke anyone.
Even when my friends betrayed me,
I laughed it off and forgave them. I’m still like that today.
私、昔から人に文句を言うことができないんです。
友達にひどいことされても、
笑って許し続けて、ここまできちゃいました。

Ayu:
But those relationships I built on swallowing my feelings were false.
They were shallow.
でも、自分の感情を隠して築き上げた人間関係
なんて、しょせん上辺だけ……

Ayu:
I realized I had no real friends.
Not one person with whom I could share my honest feelings.
……気づいたら、本心を言い合える友達が、
ひとりもいなかったんです。

Kiryu:
……
…………
Ayu:
I took this job to transform myself into someone who can tell people exactly what’s on her mind.
But now I see that I’m not cut out for it…
だから、そんな自分を変えたくて、人にズバズバ
物を言える、女王様になってみたんですけど……
やっぱり合ってなかったみたいです……

Kiryu:
Well, that’s quite a leap of logic to make.
But if you’re still motivated,
why not stick with it?
発想の飛躍がすごいな……
まぁでも、そんな志があるんなら、
もう少し頑張ってみたらどうだ?

Ayu:
B-But, I don’t have the talent to be a dominatrix…
で、でも私には女王様の才能が……
Chauvinist Swine(チャラいチンピラ)
Hey, check it out!
Got ourselves a real-life dominatrix!
おい、見ろよ!
女王様がいるぜ!

Ayu:
…!
……!
Misogynist Hound:
Hey baby, you always dress like that?!
Oh I beg of you, please make me your slave! Ha ha ha!
すげー格好だな!女王様!
俺のことも責めてくれぇ~ん!ゲハハハ!

Ayu:
Uh, um… I’m sorry. Could you…
あ、あの…… すいません……
Chauvinist Swine:
Eh? What was that?
You got something to say, kinky lady?
あ?なんだ?
何か言いたいことでもあんのか女王様。

Ayu:
Um… No. I’m sorry…
えっと、ないです…… すいません……
Chauvinist Swine:
What the hell is this?
I thought you were supposed to be all royal and shit? Some S&M queen you are!
なんだよ。この女王様、
全然女王様っぽくねーでやんの!ギャハハハ!

Kiryu:
…She says you’re bad for business.
……迷惑、だとよ。
Chauvinist Swine:
Ehh?
あ?
Kiryu:
I’ll say it for her.
Don’t loiter in front of the club. You’re bad for business.
こいつの代わりに言ってやる。
店の前でたむろすんな。迷惑だ。

Misogynist Hound(いかつい若者)
Huh? Stay out of this, you squealing pig.
You can’t act all tough when you’re trotting out of an S&M dungeon!
はぁ?お前しゃしゃりでてくんなよ。
SMクラブに通ってるM豚野郎のくせによ!

Kiryu:
I’m not a customer.
Just get lost. You’re a nuisance.
……お、俺は客じゃねぇ。
とにかく、さっさと消えるんだ。迷惑だ。

Chauvinist Swine:
*snort* Don’t order me around, bacon boy!
チッ、指図してんじゃねーぞ!オラ!
Chauvinist Swine:
Widdle masochist piggy wubs taking a punch, am I right?
I know how to make you feel reeaaaal good, then!
M野郎は殴られて喜ぶんだったなぁ?
なら俺らでお前を気持ちよ~く、させてやるよ!

― 戦闘
STREET THUGS(街のチンピラ)

Chauvinist Swine:
Oww, damn!
This masochist is tough! You’re supposed to like getting your ass spanked!
ゲホッゲホッ!
こいつ、ドM野郎のくせに…… 強ぇ!

Kiryu:
I said I’m not a customer!
Do I need to pound that into your skull again?
俺は客じゃねぇって言ってんだろうが!
……まだ殴られてぇのか!? おい?

Chauvinist Swine:
Ack!
ヒッ!
Kiryu:
Next time, pick a safeword before you ask for a flogging.
If I see you around here again…
これからは相手を見て喧嘩を売るんだな。
今度俺の前に現れたら……

Kiryu:
…You’re dead meat.
……潰すぞ。
Chauvinist Swine:
W-Waaaah!
Sorryyyy!
う、うわぁぁぁ!!
お助けぇぇぇ!!

Ayu:
Um, e-excuse me!
あ、あの……!
Kiryu:
Sorry. I caused a big scene fighting in front of your, uh, club.
すまん。結局店の前で暴れて迷惑かけちまった。
Ayu:
No, no, that’s okay.
Thank you for telling those men what I wanted to say myself.
い、いいんです!さっきの人達に、
私の気持ち、代弁してくれてありがとうございます!

Ayu:
And… Um…
それで…… あの……
Kiryu:
Hm? What is it?
ん?なんだ?
Ayu:
Could you… teach me how to punish people?
私に…… ののしる言葉を教えてくれませんか!?
Kiryu:
Huh? Punish people?
えっ?ののしる言葉?
Ayu:
Yes. The words you said to send those men scurrying…
That was amazing!
はい、あなたが先ほどの人達に吐き捨てた言葉……
私、シビれちゃいました!

Ayu:
I want to be like you,
and berate people the way you do!
私、あなたみたいになりたい!
あなたみたいに、人をののしりたい!

Kiryu:
Wait, I don’t know…
いや、急にそんなことを言われてもだな……
Ayu:
I want to change myself! Please. Help me!
私、自分を変えたいんです!
お願いです。私に力を貸してください!


Okay. I’ll do it.
 ののしる言葉を教える
Give me a break.
 勘弁してくれ

Kiryu:
(She’s desperate enough to ask for my help even though we just met.
She must be serious about wanting to change.)
(会ったばかりの俺にこんなお願いをするくらいだ。
この女、本気で自分を変えたいようだな……)

Kiryu:
(Not sure how I can teach her to berate others,
but if she she thinks I could help…)
(ののしる言葉を教えてやれる自信はないが、
俺が何か力になってやれるかもしれん……)

Kiryu:
…Okay. I’ll do what I can to help.
……わかった。俺でよければ力になってやろう。
Ayu:
Ohh, you will? Thank you!
本当ですか!ありがとうございます!
Ayu:
My name’s Ayu. I’m so glad I met you!
私、女王様のあゆです。
よろしくお願いしますね!

Kiryu:
I’m Kiryu.
俺は桐生だ。よろしくな。
Kiryu:
…But now what?
I don’t know where to begin.
……と、言っても、
いったい何をどうすればいいのやら。

Ayu:
That’s true.
For now though, there are too many people here. May we go to the park, please?
……そうですね。とりあえず、
ここじゃなんですので、公園に移動しましょう。

Kiryu:
Okay.
わかった。

― いつもの公園

Kiryu:
(Well, we’re at the park. Now what?)
(公園についたはいいが……)
Ayu:
I’d like to try walking through a session with you.
まずは、流れに沿ってやっていきたいんですが……
Kiryu:
Oh? How does that work?
お、なんだ?流れってのは?
Ayu:
S&M is about play-acting a certain kind of fantasy.
It’s a form of role-playing, but it’s not what you’d expect…
SMというのは、役割を演じる遊び……
いわゆる、ロールプレイですからね。

Ayu:
I think I could gain better insight into S&M if I were to practice with you.
I want to act out a play session with me taking the dominant role and you, the submissive.
私と桐生さんが、女王様とお客さん役になりきって、
SMプレイの一連の流れを練習することにより、
SMというものを、より理解できる気がするんです!

Kiryu:
I see…
Hey, wait a second.
なるほど…… ん?
……ちょっと待て。

Kiryu:
Did you say I have to play the customer’s part?
……もしかして、俺が客の役をするのか?
Ayu:
Yes, Kiryu-san.
I want you to play the role of a thoroughly masochistic client.
はい、桐生さんには、
Mなお客さんになりきってもらいたいんです。

Ayu:
And as we do this, I’d like you to give me advice on what I should be saying as a dominatrix.
そして、女王様である私がどういう言葉で、
ののしったらいいか、逐一教えてほしいんですが……

Kiryu:
I get it, but…
いや、しかしだな……
Ayu:
Please! I want to change!
お願いします!私、変わりたいんです!
Ayu:
If I can’t do this, I’ll end up as a quiet, dull person for the rest of my life!
これでダメなら私、一生当たり障りのない女として、
生きていく気がするんです!

Kiryu:
(She’s laying the guilt on thick!)
(……重たい!)
Kiryu:
(I can see her point, though.
It would do Ayu good to learn how to berate others with authority.
Besides, I told her I would help. I can’t back out now.)
(たしかに、実戦的なののしり方を、
練習した方があゆのためになると思うが……
今更断るわけにもいかんし、仕方ない……)

Kiryu:
All right, fine.
I’m not doing anything weird, though.
……わかったよ。しかたねぇな。
変なことはしねぇからな。

Ayu:
Great! Thank you very much!
やったぁ、ありがとうございます。
Ayu:
Kiryu-san,
can we start with you entering my chamber?
ではまず、桐生さんは、
女王様である私の部屋に入るところから
スタートしてくれますか?

Kiryu:
I’ll try.
……やってみよう。

Kiryu:
M-Mistress, may I serve you today?
じょ、女王様……
今日はよろしくお願いします。

Ayu:
Yes, please do.
……はい、よろしくお願いします。
Kiryu:
Yeah, that’s not right.
……なんか違うな。
Ayu:
Pardon?
えっ?
Kiryu:
I’m not fully into my role either, so I’m not one to talk,
but… Ayu, you’re a dominatrix, right?
俺も役になりきれてないから強くは言えんが……
あゆ、お前は女王様なんだろう?

Ayu:
Y-Yes. I’m supposed to be.
は、はい。一応……
Kiryu:
Before you can really dominate someone,
you need to understand what it means to be a dominatrix.
人をののしる以前に、
女王様としての自覚が足りない気がするぞ。

Kiryu:
With this sort of thing, the beginning is crucial.
Your first words have to lay out the rules—you’re the boss.
こういうのは最初が肝心だ。
最初の一言で、客とお前の立場を、
しっかりと位置づけてやらないといけない。

Ayu:
I see. Then how should I respond to the client’s greeting?
なるほど…… それじゃあ私は、
お客さんの挨拶にどう返せばいいんでしょうか。


Your parents would cry if they knew you were here!
 またこんなところ来て 親が泣くわよ!
Who gave you permission to speak, pig!?
 豚が人間の言葉を喋ってんじゃないよ!
It’s not like I’m happy to see you or anything!
 来てくれても全然嬉しくないんだから!

Kiryu:
I would say, “Who gave you permission to speak, pig!?”
「豚が人間の言葉を喋ってんじゃないよ!」だな。
Ayu:
I see. You don’t even treat them as a person.
That does sound like a dominatrix.
な、なるほど。人間として扱ってない感じ。
すごく女王様っぽいですね。

Kiryu:
Yeah. I wouldn’t know how a masochist thinks,
but it’s probably a turn-on for them.
あぁ、Mな男の気持ちはわからんが、
きっと興奮するんじゃないだろうか。

Ayu:
Okay. Can we do this from the top again?
それでは気を取り直して……

Kiryu:
M-Mistress, may I serve you today?
じょ、女王様……
今日はよろしくお願いします。

Ayu:
Wh-Who gave you permission to speak, pig!?
ぶ、豚が人間の言葉を喋ってんじゃないよ!
Kiryu:
…S-Sorry.
……す、すみません。
Kiryu:
(I know I told her to do this,
but what am I doing?)
(自分で指導しておいてなんだが、
俺は何をやっているんだろうか……)

Ayu:
S-So?
How are you going to serve me today?
そ、それで?
今日のプレイは…… どうするんだい!

Kiryu:
Huh?
えっ?
Ayu:
Um, please tell me what you’d like me to do.
S&M comes in many flavors.
I have to get the client to tell me about their particular kink.
えっと、プレイの内容について相談してください。
SMって、人によって趣向が全然違うので、
お客さんと相談してから内容を決めるんです。

Kiryu:
Got it.
But I don’t really have anything in particular…
なるほど……
しかし、急にそんなこと言われてもだな……

Ayu:
I guess not…
そうですよね……
Ayu:
Th-Then, just in general, what do you want women to do to you, Kiryu-san? Tell me!
じゃ、じゃあプライベートだったらでいいです!
桐生さんは女の人にどんなことされたいんだい!

Kiryu:
(Hm… What do I want done to me?
Nothing really comes to mind, so let’s just play the masochist here.)
(うーん、俺がプライベートでされたいことか。
特にないが、ここはM男っぽく振る舞っておくか)


I want to be whipped.
 鞭で叩かれたい
I want to be humiliated.
 恥ずかしい格好をさせられたい
I want to be stepped on with heels.
 ヒールで踏んで欲しい

Kiryu:
Uh, I want to be humiliated.
……恥ずかしい格好をさせられたい、かな。
Ayu:
Eww. Is that right, Kiryu-san?
I never would have guessed.
へ、へぇ…… 桐生さん、そんな……
人はみかけによりませんね……

Kiryu:
I don’t really want that done.
It’s just an example.
本当にされたいわけじゃない。
……ちょっと言ってみただけだ。

Kiryu:
Besides,
that’s the wrong response for a dominatrix.
それにその反応は、
女王様として間違ってると思うぞ。

Ayu:
Pardon?
えっ。
Kiryu:
Telling you their kink makes them vulnerable.
You need to come back with the right response to maintain trust.
性癖を暴露するというおいしいパスがあるんだ。
そこを活かした返答をするべきじゃないか?

Ayu:
I see. Then, how should I respond?
な、なるほど……
でもどういった返答をすればいいのでしょう?


Gross. I’m the only one who’d do that for you!
 そんなプレイに付き合うの 私だけだからね!
Eww, no! Absolutely not.
 嫌です 絶対無理
I bet you’d like that, you pervert!
 そんなことされて喜ぶのかい この変態!

Kiryu:
Go with, “I bet you’d like that, you pervert!” That will do.
「そんなことされて喜ぶのかい この変態!」
……これでいこう。

Ayu:
Oh! That sounds very much like what a dominatrix would say.
That’s perfect. I’m learning so much from you already!
あ、それ。すごく女王様っぽいですね。
いいと思います!見習いたいです!

Kiryu:
Yeah. Even in casual conversation, you should be working in an S&M flavor.
あぁ、何気ない会話の中でも、
SM要素を取り入れていかないとな。

Ayu:
Okay, can we try this again?
それでは気を取り直して……

Kiryu:
M-Mistress,
I would like you to make me do humiliating things today.
じょ、女王様……
今日は恥ずかしい格好をさせられたいです……

Ayu:
I bet you’d like that, you pervert!
そんなことされて喜ぶのかい、この変態!
Kiryu:
I… I’m sorry.
す、すみません……
Kiryu:
(What am I doing with my life?)
(……なんか、むなしくなってきたな)
Ayu:
V-Very well! We shall begin!
じゃ、じゃあプレイに入るよ……!
Naive Young Boy(いたいけな男の子)
Hi! What are you guys doing?
ねぇねぇ、なにしてるのー?
Ayu:
Oh!
えっ……!
Pure-hearted Girl(純粋な女の子)
Wow, miss, your clothes are sooo pretty!
わぁ、お姉ちゃんの服、カッコいいなぁ!
Innocent Kid(無垢な男の子)
Are you having fun?
Can we play, too?
お兄ちゃんたち、楽しそう!
ボクらもまぜてよー。

Ayu:
Uh, guys,
this isn’t… We’re not playing. You see, um…
ぼ、坊や達……
こ、これは遊びじゃなくて…… えーとえーと……

Kiryu:
Wait, Ayu. Calm down.
待て、あゆ。落ち着くんだ。
Ayu:
How could you expect me to stay calm now!?
Please, can we leave?
これが落ち着いてられますか!
早くここから立ち去りましょう!

Kiryu:
No. Think about it.
いや、考えてみろ。
Kiryu:
Wouldn’t a true dominatrix take advantage of any unexpected situation to enhance the session?
真の女王様だったら……
この「子供に観られている」という状況すら、
プレイとして利用するんじゃないか?

Ayu:
Oh! I see. That does make sense.
な、なるほど、一理ありますね……!
Ayu:
…Well, then? What do you propose I say?
Answer me!
……それで?私はこういう時、
あんたに何をしてあげればいいのよ!
教えなさい!

Kiryu:
Good. Ayu’s back in control.
よし、女王様としての威厳を取り戻したな。
Kiryu:
(In this situation with kids watching,
what would a dominatrix say to a masochistic client?)
(子供たちに見られているこの状況……
女王様だったらMな客に、どう言葉をかける⁉)


They’re watching you get humiliated!
 あんたの恥ずかしい姿 見られてるよ!
Keep your eyes on me, and me alone!
 もう 私だけ見てなさいよね!
I don’t see anything. Is something there?
 私には何も見えないけど そこに何かいるの?

Kiryu:
You should goad him with, “They’re watching you get humiliated!”
「あんたの恥ずかしい姿、見られてるよ!」
……こうだな。

Ayu:
Oh! I see! Being seen could be a big thrill for masochists.
な、なるほど!人に見られているという状況も、
M男にしてみれば、それはかなりの興奮材料!

Ayu:
Pointing that out would make it even more thrilling and titillating for them, right?
その興奮ポイントを、
言葉で刺激してあげて、さらに喜ばせるんですね!

Kiryu:
Good. Now you’re getting it.
フッ、なかなかわかってきたじゃないか。
Ayu:
I understand now.
Can we pick up where we left off?
わかりました。
それでは気を取り直して……

Naive Young Boy:
C’mon, what are you talking about?
ねぇねぇ、さっきからなんのおはなししてるのー?
Kiryu:
M-Mistress…
じょ、女王様……
Ayu:
Come on, admit it. You like this, don’t you?
ほらほら、あんたこういうのが好きなんでしょう?
Ayu:
They’re watching you being humiliated!
あんたの恥ずかしい姿、見られてるよ!
Kiryu:
Ooh. This is actually pretty humiliating.
おぉ…… 恥ずかしい……
Naive Young Boy:
I don’t get this game you’re playing!
お兄ちゃんたちの遊び、よくわかんないや!
Pure-hearted Girl:
Grown-ups are weird. Let’s go!
……行こ!
Ayu:
I’m so sorry. It was just training,
but I caused you embarrassment in the process.
すいません、練習とはいえ、
恥ずかしい目にあわせてしまって……

Kiryu:
I think I lost some dignity among other things,
but it’s worth it if it helps you change, Ayu.
あぁ、色々何かを失った気はするが……
これであゆが少しでも変われたらいいな。

Ayu:
Thank you! Kiryu-san, can you come with me to the dungeon? I want to give you something as my thanks.
ありがとうございます!お礼をお渡ししたいので、
桐生さん、お店まで来ていただけませんか?

Kiryu:
Sure.
わかった。

― 店内

Ayu:
I think I left my bag somewhere around here. I should have something that would make a good token of my appreciation.
えっと、私たしかこの辺にカバン置いてたはず……
中にお渡しできそうなお礼があるんですよ……

Kiryu:
You bring your personal belongings into the playroom?
お前、荷物プレイルームに置いてるのかよ……
Head Mistress(店員の声)
Ayu-chan!
You’ve got a client! He requested you personally.
あゆちゃ~ん!
あゆちゃんをご指名のお客さんご来店だよー!

Head Mistress:
I’ll send him through, so get ready, okay?
すぐお通しするから、準備しててねー!
Ayu:
Huh!? Uh, yes!
えっ⁉あ、はーい!
Kiryu:
Whoa. If you’ve got clients coming in, I shouldn’t be here.
お、おい。客が来るなんて聞いてないぞ。
俺がここにいたらまずくないか。

Ayu:
No, you’re right.
But… this could actually be a great opportunity.
まずいことはまずいですけど……
……もしかしたら、これはチャンスかもしれません。

Kiryu:
What do you mean?
……どういうことだ?
Ayu:
I’m going to put what I learned from you into practice, Kiryu-san.
私、桐生さんから教えてもらったこと、
今から来るお客さんに披露してみます!

Ayu:
So… could you hide somewhere
and watch how I do?
だから…… その辺に隠れて、
見守っていてくれませんか?

Kiryu:
You’ve got a lot more guts than I thought.
お前。意外と肝が据わってるな……
Kiryu:
I never imagined I’d get roped into watching over an S&M session…
But all right, I’ll do it. Give it your best.
ひとのプレイを覗く趣味はねぇんだが……
わかった。見守っててやるから、頑張れよ。

Ayu:
I will!
……はい!
Masochist:
Ayu-chaaan! I’m baaack!
あゆちゃ~ん!また来たよ!
Kiryu:
(That’s the guy who told Ayu she was a bad dominatrix!)
(あれは、あゆと会った時、
あゆにダメ出しをしてた客……!)

Masochist:
Ayu-chan, I want to see how much you’ve grown as a dominatrix since our last time.
あれからあゆちゃんが女王様として
どのくらい成長したか、確かめさせてもらうね。

Masochist:
Now, Mistress,
may we begin?
それでは女王様、
今からプレイを開始させてくださいませ。

Ayu:
……
…………
Kiryu:
(Go on, Ayu. Show him what you learned!)
(さぁあゆ、練習の成果を見せてやれ……!)
Ayu:
Who gave you permission to speak?
How dare you utter human words, you pig? Such insolence!
勝手に口を開いてんじゃないわよ!しかも、
豚のくせに人間様の言葉を喋るなんて、生意気よ!!

Masochist:
Squee… Oink!!!
ブ…… ブヒィィィィ!!
Masochist:
Please forgive me, oink!
Mistress, you’re fantastically gorgeous today, squeal!
Please, oink, abuse me some more, oink oink!
すいませんブヒィ!な、なんだか
今日の女王様はとても魅力的ですブヒィ!
もっと私めをののしってくださいませだブヒィ!

Ayu:
I don’t understand your oinking, you pig in human clothing! Why would I deign to listen to the bleating of animals!?
ブヒブヒ言ってて全然わかんないわ!
女王様である私が豚語を理解できると思って⁉

Masochist:
S-So unreasonable, oink! More, more!
り、理不尽だブヒィィィ♡
Kiryu:
(Ayu’s taken it to a whole new level. The client seems happy, too. She did it!)
(あゆ…… 練習の時より一段と輝いてるな。
それに客もとても幸せそうだ!やったな!)

Ayu:
S-So, what shall I subject you to today?
そ、それで?あんた、
今日のプレイは、どうするんだい!

Masochist:
P-Please, Mistress, I beg you to whip me!
Then, while I lie humiliatingly exposed,
step on me with your pin heels!
女王様、ぜひとも私めに鞭をあびせくださいませ!
そして恥ずかしい格好をしている私めを、
女王様のおみ足で踏んでくださいませ!

Ayu:
I bet you’d like that, you pervert!
そんなことされて喜ぶのかい。
この…… 変態!

Masochist:
Y-Yessss! Mistress, I am a pervert!
は、はいぃぃぃ!私めは変態でございます♡
Ayu:
You must be! Only a pervert would beg for humiliation from a girl your daughter’s age! What a pervert! Pathetic!
そうね、娘くらいの歳の私に責められて喜ぶなんて!
とんだド変態よ!恥ずかしいわねぇ!

Masochist:
*Squeeeeeeal!* Nooooo, Ican’t take it! Ooh!
ブヒィィィィ♡ 言わないでぇぇぇぇ♡
Kiryu:
(Excellent. Just like I taught her.
He’s eating it up, too. That’s how is done!)
(よし、指導した通りだ。
客のM心をガッチリ掴んでいるな。その調子だ!)

Kiryu:
(I’m getting really uncomfortable back here…)
(しかし、この体勢、
ちょっときつくなってきたな……)

Kiryu:
(I need to move a little…)
(少し姿勢を変えて……)
Masochist:
Huh!? Did you hear that!?
なんだ⁉ 今の音は!
Ayu:
…!
……!
Kiryu:
(Damn it. They heard me.)
(まずい…… 音を出してしまった……)
Masochist:
Is… Is someone there?
だ、誰かいるんですか……?
Kiryu:
(I’m busted now.)
(こうなったらしかたない……)
Masochist:
Uh… You don’t work here, do you?
え、店員さん…… じゃないですよね?
Masochist:
Ayu-chan, who is this guy!?
あゆちゃん…… この人は誰なの⁉
Ayu:
……
…………
Kiryu:
(Ayu, how will you get out of this one?)
(この状況、どうするあゆ……!)
Ayu:
He’s… your audience!
あれは…… 私が用意したギャラリーだよ!!
Masochist:
M-My audience?
ギャ、ギャラリー⁉
Ayu:
I decided to have someone watch you be humiliated.
Well? Don’t you find it kinky?
あんたの恥ずかしい姿、
他の人にも見てもらおうと思ってねぇ!
どう?いい趣向でしょう?

Masochist:
Ooh! Ooooooh!
あ、あぁぁぁ♡
Ayu:
You like it, don’t you?
You pig! Your flabby body’s on display for everyone… or at least, this man, to see!
こういうの、好きなんでしょう?
この豚!だらしない体も全部見られてるよ!

Masochist:
P-Please degrade me! A total stranger is watching me in my mortal shame! Ooooh!
私めの恥ずかしい姿……
見ず知らずの男に見られちゃいましゅうぅぅぅ♡

Kiryu:
(She applied what I told her! Good going, Ayu!
She’s got a real knack for this!)
(俺の指導を応用し対処したようだ!
あゆ、なかなかどうして…… できる女だぜ!)

― 店外

Masochist:
Thanks for the play session, Ayu-chan.
あゆちゃん、
プレイしてくれてありがとう。

Masochist:
Ayu-chan… No! Your Majesty Queen Ayu-sama!
Your demeanor was truly regal, and your behavior the height of haughty scornfulness! You were utterly magnificent!
あゆちゃん…… いえ、あゆ様!
あなた様の女王としての態度、
とてもご立派であられました!

Ayu:
Oh, really?
えっ、本当?
Masochist:
You have grown immeasurably since our last meeting, Mistress.
I feel truly humbled in your presence.
Please, allow me the honor of loyally requesting you!
この前とは比べ物にならないほどの成長っぷり!
私め、非常に感動いたしました!
これからも、あゆ様を指名させてください!

Ayu:
Hmph! How dare you even consider straying? I’ll allow you to keep requesting me, you pathetic swine!
ふ…… ふん!当たり前よ!!
いっぱい指名しなさい!この豚!

Masochist:
*Squeeeeeeeeal!*
ブ、ブヒィィィ♡
Kiryu:
Ayu, you nailed it!
あゆ、やったじゃないか!
Ayu:
Thank you!
It’s all thanks to your advice, Kiryu-san!
ありがとうございます!
桐生さんとの練習のおかげです!
Kiryu:
I just hope I never have to do anything that awkward again.
フッ、あんな恥ずかしい思い、俺はもうごめんだぜ。
Ayu:
Well, here’s a little something to make it all better.
Please accept it.
フフ、恥ずかしいことしていただいたお礼です。
受け取ってくれませんか?


You got a Fur Belly Warmer.
 「獣毛の腹巻」を手に入れた

Ayu:
Thanks to you, Kiryu-san,
I was able to change a little.
私、桐生さんのおかげで、
自分でも少し変われた気がします。

Ayu:
I think I’ve gained enough confidence to make it as a dominatrix now.
度胸もついたし、女王様として、これから頑張っていけそうです!
Kiryu:
Good for you, Ayu.
よかったな。あゆ。
Ayu:
Thank you! Kiryu-san, I demand you visit again as a client.
Next time, Ayu-sama will pleasure you with her whip!
はい!桐生さん、次は客として来るのよ!
あゆ様の鞭で気持ちよくさせてあげるからね!

Kiryu:
(I don’t see myself coming back for a whipping, but I’m glad I could help all the same.)
(フッ、鞭は正直考えさせてほしいが、
うまく力になってやれてよかったな)

英日併せていざ起こしてみたら数多あるサブストーリーのうちのひとつにもかかわらず膨大なテキスト量になってしまったためにもはや引用の粋を飛び越えていそうですが、権利的に問題がありそうでしたらすぐに対応いたします。申し訳ありません。下手な言い訳にしかなりませんがこんなになるとは予想もしていなかったので自分でも驚いております。


\気になったらSHARE!!/

次の記事:【体験談】着ぐるみの中のひとは見ているよりも過酷な労働です

『Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)』で英会話―A Yuriko Tale【百合之譚】:前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからダイジョーブと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 


最近の記事

喫煙は健康を損なう危険性を高めるのにタバコを吸う男性がカッコ良く見える理由は

映画『愛がなんだ』を観て―作品に騙され渋谷や下北沢で青春できると思ってはならぬ

コロナ禍も悪いことばかりじゃないと思って生きてみる

【iMovie】iPhoneで動画編集するなら意外と使えるデフォルトアプリで!!

正統続編TVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』で思い返す「女子同士」の友情

【ネタバレあり〼】庵野監督のエヴァ完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観た感想など

記事一覧はコチラ

読まれている記事

\ スマホはこちらから /