マリちゃん危機一髪!という伝説のレトロゲーム

2019年5月15日  2018年9月11日 

YouTubeに加えニコニコ動画も観てしまう今日この頃。

私はニコニコ出身の有名ゲーム実況者である幕末志士も好きで、「緑の悪魔」で有名な奴が来るシリーズは64マリオ世代にはたまらん動画となっております。

最近はYouTubeにもチャンネルを開設してくれたので、より高画質でサクサク観られるため登録してます。特に画質が重視されるゲームはどうしてもこちらの圧勝。ニコニコは画質があまりよろしくない上にシークバーを動かせない(有料会員にならないと飛ばせない)ので、ニコニコ出身者がYouTubeへ大移動を始めてからはあまり観なくなってしまいました。それでも幕末のお二方は定期的にチャンネル会員向けのラジオなどで活動されているようで、完全にYouTubeに活動拠点を移す感じではなさそうですね。

※北海道の地震が起きたので心配でしたが、お元気そうで安心しました。

私のいらぬ分析はともかく。
こちらの動画を是非ご覧ください。

これを聞くと“元気が出る”という方、リアルにいます。私もそのうちのひとりです。個人的には、坂本氏が高校デビューに失敗した孤独感からチャットにドはまりした結果ネカマに騙されていたという初っ端のエピソードからもう圧巻なのですが、ネカマ…あれ?

私の父親(故人)てネカマやってたよなぁ。

もちろん坂本氏とは無関係ですが、ひさびさに動画を観直していて思い出してしまったんですね、我が父親の黒歴史を。正確にはそんな父親の背中を見て育ってしまった私の黒歴史でもありますが。

父は新しい物好きで、私が小さい頃からバカでかいビデオカメラを持って出かけるくらいのデジタル人間(あくまで当時)でした。バブル全盛期で羽振りが良かったのもあったようですが、20万近くするホームビデオカメラにシュタゲのIBN5100を彷彿とさせる旧型のパソコンも所有していました。

昭和のパソコンはWindowsやMacなどのOSは存在せず「DOS」でした。真っ黒なスクリーンにキーボードで指示を打ち込んでパソコンを動かしていたのを覚えています。あの独特のビープ音の恐怖は今でもトラウマですね。
私自身システムに明るくないのでそれ以上の事は解説できないのですが、ゲームをやるにもカセットテープをパソコンとつないでカリカリ読ませるという謎システムは鮮明に覚えています。うまく読み込めなくて親子でやきもきしていた事もありました。

さて何のゲームかというと、残念ながらドラクエやFFのようなゲームが出るのはもう少し後で、我々がプレイしたゲームは『マリちゃん危機一髪』。まさかのウィキペディアありました。

マリちゃん危機一髪 - Wikipedia

発売元がエニックス(現スクウェア・エニックス)というのが結構驚きですね。このゲームの対応機種から当時我が家で所有していたパソコンを洗い出そうとしましたが無理そうです。わかりません。なんとなくPC-8800っぽい気もするのですが、当時いくらで購入したのやら。活用されるのはほとんどエロゲのデータ処理でしたが。

私の記憶では可愛い「マリちゃん」は何者かに命を狙われていて、我々マリちゃんに恋する男子たちはそれを阻止しなければなりません。これ要は野球拳で、CPU(NPC)とじゃんけんをして勝ったらマリちゃんを救えるというゲームですが、マリちゃんを最後まで救出できるとお約束のご褒美脱ぎ脱ぎじゃんけんになります。救えなかった場合はバッドエンドでマリちゃんは瞬時に遺影と線香と化します。この演出ものすごく怖かったです。恐怖のあまり眠れずにソフトを母に隠してもらった事もあります。
F1がグー、F2がチョキ、F3がパーみたいな感じでファンクションキーで出す手を決めるのですが、結構緊張感がありましたね。幼稚園児の私には全てが刺激が強すぎましたが、キーボードを押すだけなので普通にやらせてもらえました。マリちゃんが脱ぐところまで勝てたかは覚えていませんが、パソコンの処理速度が遅すぎて服を脱ぐにもカリカリカリカリカリと描き直す処理が本当に遅い。

マリちゃん危機一髪(15歳以上対象) | 中古 | FM7&8 カセットテープソフト | 通販ショップの駿河屋

注)15歳以上対象

野球拳の別ver.のゲームも持っていて、あの独特のビープ音で野球拳の曲に合わせてじゃんけんするのですが全然脱がないし遅いしそもそもエロくないしで幼稚園児ながらにつまらなかったです。当時話題だった宮沢りえのヌード写真(『Santa Fe』)の方が何倍も刺激的でした。新聞一面に若い女性の「ヘア」ヌードですから、幼稚園女児ながら興味津々でしたね。

そんな変態幼稚園児の私も小学生になり、父は念願のWindows95搭載のFMVを購入。おこぼれに預かってダイヤルアップでネットに繋いだり、当時は今のように高速通信が無制限などという贅沢は許されず、接続の時間が長ければ長いほどありえない高額通信費を請求されるのでPC内臓のゲームをやったりしていました。サンリオのタイニーパークはよく覚えています。

割と健全なパソコンライフを送っていた私でしたが、一家の主であった父は歯止めが効かなくなりました。何のゲームをしているのかと思えばメイド服を着た女性の立ち絵。パソコンは居間にあったので家族にバレバレな訳ですが、娘にはバレても良かったのか何なのか「可愛い女の子がいる」と興味を持った女児に対して特に狼狽する様子もありませんでした。
後にあれは完全にメイド系のエロゲだと知ったのは後のこと。遺品整理的にフォルダをいじくっていたら見つけてしまいました。どこからか体験版を落としたらしくデータが残ったまま。ソフトを起動してみると立ち絵が可愛いノベルゲーだったので好奇心からプレイしてみたら、あの可愛いメイドは最終的に若い主人にベッドに押し倒され泣いていました。そこから先はお約束の有料版でしたが、データはありませんでした。

家族と共有していると有事の際には100パー覗かれるので、エロ関連のデータはうまいこと隔離しておく事を推奨します。残された家族の為にも…。

それはさておき、当時はまだクリーンだった私も父に連れられて秋葉原のPCゲーム屋(多分ソフマップ)に行っては『卒業Ⅱ』などのギャルゲーを本気でねだるとんでもない小学生に成長していました。

卒業II 〜Neo Generation〜 - Wikipedia

それでも父を上回る事はできませんでした。父はやがて現実に存在する戦車や戦闘機のシューティングゲームにはまるようになり、『PUBG』の先駆けとも言えるであろうリアルな3Dグラフィックを追求したバトルロイヤルゲームをわざわざ海外とやり取りして買い付ける始末。今のようにSteamやOriginといったダウンロード販売のサイトなど存在せず、そもそも通信環境も整っていないので仕方ありません。そんな危ない橋を渡っていた父はカード詐欺にも遭い、どうやら50万ほど引っこ抜かれたというのは語り継がれる伝説。そして当時契約していたプロバイダが提供するアバターチャットにドはまりしてしまった父はとうとう禁断の扉を開いてしまいます。

爽やかな朝でした。起きてきた家族に徹夜明けの父は開口一番

^^「バカな若い男がよ、ちょっと女のフリするとコロッといっちまうんだから笑っちまうよな!今夜デートの約束しちまったよ!!」

呆れる母を横目に、当時はネカマの定義を知らなかった小学生の私は子供ながらに「アバターチャットっていうのは違う自分を演出して楽しむものなのか!」と考察していた事を今でもよく覚えています。

そうしてネカマになってしまった父は、ダイヤルアップの接続が無制限という契約だったために深夜にネットを徘徊しすぎてしまったせいなのか。あっという間に身体を壊し、その後みるみる病状は悪化。ものすごいスピードで帰らぬ人となりました。死因はネカマだと思いたくないので仕事や家庭などでの心労が引き金だと思っています。

というか普通に国指定の難病で、当時は効果的な治療法がありませんでした。

生前の行いは決して尊敬できる事ばかりではありませんでしたが、この世のユーモアを教えてくれたのは父親だと今では感謝しています。

ありがとうぱっぱ。

\気になったらSHARE!!/

次の記事:現代にも風習を残す霊山:山形県の山寺「立石寺」に行ってきました

東京レジャーランドを忘れない(お台場回顧録):前の記事

ほちょこと申します。
気になるを追究した雑記です。

好きな事をとことん&パニック症の減薬中!!超マイペースに生きている人間もいるからダイジョーブと誰かに伝わったら嬉しい手作りウェブサイトです。基本エンタメ全般ですが稀に真面目モードにも。
よろしければABOUTもご覧ください。

mail:contact e-hocho.com 


最近の記事

喫煙は健康を損なう危険性を高めるのにタバコを吸う男性がカッコ良く見える理由は

映画『愛がなんだ』を観て―作品に騙され渋谷や下北沢で青春できると思ってはならぬ

コロナ禍も悪いことばかりじゃないと思って生きてみる

【iMovie】iPhoneで動画編集するなら意外と使えるデフォルトアプリで!!

正統続編TVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』で思い返す「女子同士」の友情

【ネタバレあり〼】庵野監督のエヴァ完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観た感想など

記事一覧はコチラ

読まれている記事

\ スマホはこちらから /